眼の状態が落ちついてきたので、今回の経緯や原因をまとめました。

網膜剥離は網膜裂孔から生じました。一番多いのは眼の外傷が原因だそうです。ボクサーみたいな職業の人は危ないようです。
私の場合は近視が原因でした。近視の眼は前後方向へ延びており、卵みたいな球体になっているそうで、網膜が引っ張られている状態のようです。そこへ来て硝子体が年齢的に萎縮すると網膜が更に前後に引っ張られて、一番弱いレンズ付近の部分に孔が開き、そこから眼球内の液漿成分が入り込んで網膜を剥がしていくようです。孔が開いた時点ならエーザーで孔の周囲を囲んでしまえばOKですが、剥がれてしまうと手術しか無さそうです。

発端はH14年9月の網膜裂孔です。1ヶ月前から黒いゴミが目の前を舞っていたので、広島県立病院を受診したら網膜裂孔の診断で、その日の午後に光凝固を受けました。12月には怪しい部分があるとのことで、その時は予防的に焼いて貰いました。
その後、今年の5月までは何も起こっていません。
5/7の午後、これまで気にならなかった黒いゴミ気になるようになり、黒いレースのカーテン状のものが舞っていました。これは網膜のゆがみだったようです。その日の眼科受診では新たな孔は無いとの診断でしたが、初期で分からなかったのでしょう。夕方には灰白色の円盤状の物が沢山舞い始め、しだいに数が多くなると伴に霞がかかったように見えなくなってきました。さすがにこれはおかしいと思い、翌日には勤務先近くの眼科を受診しました。円盤状の物は出血した赤血球だったようです。裂けた網膜からの出血で、いわゆる硝子体出血を起こしていました。勤務先傍の眼科ではレーザー治療は出来ないとのことで、系列の眼科を紹介されて、5/9にレーザーによる光凝固を受けました。
6月の末にやはり硝子体出血で曇ってきたため、自宅近くの眼科で光凝固を受けました。経過は良好でしたのでこれで終われるかと思っていたのですが、7/15にひどい硝子体出血が起こり(東御遠征中)、7/26の朝から褐色のセルロイドの様な膜が左上方から下がってきました。これが網膜剥離だったのです。黄斑部まで及んでいたら高度の視力障害を残すところでした。
もう術後4週間は軽快しており、9月からは飛行機や高山帯も問題ないようです。

黒い点状ののゴミは加齢現象でも見られるとのことですが、線状やレース状など多彩なゴミは網膜裂孔かもしれませんので、眼科受診が必要です。霞んできたら出血ですので直ぐに受診すべきです。
相変わらず自宅での蝶です。
明日で術後4週間。おそらくもう心配はないと思います。来週の週末に受診し、メガネの処方箋をもらう予定です。
それまでは無理をせず蝶の撮影は自宅近辺のみです。思い通りの撮影が出来ずにストレスが溜まります。
自宅の庭にツマグロヒョウモン良く来るようになりました。
P8100009.jpg
何を意味しているかと言いますと、もう秋が来つつあるということです。
イチモンジセセリはまだ来ていませんので、本格的な秋はまだですが。

7月中旬以来、遠征は出来ていませんし、残念な夏になりました。後日、笑い話に出来ると良いです。
久々に車にアラームが点きました。しかも2個も。
まずはこれ。
P8190003.jpg
右リアの空気圧減少。パンクを意味しています。ディーラへ持ち込んだら、ホイールのバルブに亀裂が出来ており、そこから空気漏れしていると。ホイールは純正でないためホイールの販売店で相談するように言われました。

電話すると販売店ではバルブは注文になるが、他のホイールのセットがあり、そのバルブを先に付けるとのことで無事に修理が終了。
P8190005.jpg
ネジ山の昼間くらいから漏れていたようですが、どうしてこの辺に損傷が起きたのか不思議です。

もう一つのアラームはこれ。
P8190004.jpg
エンジンオイルがレベル以下になっているとの表示。普段、面倒見の悪い私には最適のセンサーです。エンジンオイルなどチェックしたこともないです。

解決策はオイルを入れること。何故か持っているカストロール。
P8190006.jpg
実はBMWはしばしばエンジンオイルが少なくなるので購入していました。ディーラへ持ち込めば直ぐに補充してくれますが(保障期間の3年あるいは5年内は無料)、いちいち持ち込むのが面倒です。これまで3台乗り継いでいますが、どの車種もこのアラームが出ました。

こんなことをしている内に昨日は時間が潰れました。
静養中に暑い日が続きました。
熱い物は食べたくなかったので、CMでやっていたサッポロ一番塩ラーメンを冷麺で食べてみました。
普通に乾麺を湯がき、冷水で締めます。ラーメンの汁はいつもより半分の水で溶かします。
そこにとまと、タマネギ、ピーマン、ツナを適量入れました。野菜はオリーブオイルをまぶしました。
完成が下の絵です。
P8010008.jpg
インスタントの割には結構いけましたよ!
自宅の裏の日当たりの悪いところにコナラの幼木があります。
こちらへ来た最初の春である2013年3月に石砂山付近で拾ってきたドングリを鉢に置いていたのですが、これがなんと芽吹きまして鉢植えを続けておりました。鉢を使うからと嫁から言われて、ここなら良いかと植えた苗。環境が悪いので4年過ぎても50cm位でしょうか。機会がある毎に「こんな物をここに植えて、取れなくなったらどうするのか?」と言われている幼木です。
P8130011_1.jpg

アブラムシと蟻が生活しているのは知っていたのですが、昨日のヤマトシジミの撮影時に何気なく見てみると、食痕が見つかりました。
P8130012_1.jpg

蛾でも増えたら困るので正体を探したところ、ムラサキシジミの幼虫が4-5頭見つかりました。
P8130011.jpg

本種の蛹を見たことはないので、今日は早速根際を整備し観察しやすくしました。まさかこんな劣悪な環境のコナラに産卵していたとは思ってもみませんでした。今後が楽しみです。