台風が過ぎ去ろうとしていた翌日は晴天でした。残念ながら時間は11時まで。
比較的近場の林道を流しました。
早めの時間帯が良かったのか初めて静止しているアゲハ達を見ました。
ヤエヤマカラス♂
PA292814.jpg

ヤエヤマカラス♀
PA292852.jpg

クロアゲハ♀ 残念ながら有尾
PA292882.jpg

ベニモンアゲハ♀
PA292889.jpg

ジャコウアゲハ♀
PA292976.jpg
今回の目的の一つは、ハマヤマトシジミを昨年に続きもう一回撮影することでした。
3島をを調べましたが、確認出来たのは2島です。一回の調査で居ないと言うことは難しいので、確認出来なかったとしておきます。
撮影出来た2島の写真を掲載します。何かとうるさいこの頃ですので、詳細な事や広角での絵は掲載しません。ご了承ください。
昨年のハマヤマトシジミは♂だけでした。今回は♂はすれすれの状態で♀の時期でした。
すれすれの♂です。
PA260006.jpg

新鮮な♀。
PA260335.jpg

産卵していました。
PA260010.jpg

飛翔にも挑戦しましたが、これは撮っても難しい!
PA260080.jpg

別の場所でも確認。でも残れる場所かは不明。
PA260420.jpg

別の島での絵。ここでもは擦れた♂を確認。
PA282801.jpg

3島での確認は出来ませんでしたが、八重山列島に今年も居ることが分かりました。
迷蝶?土着?どちらでしょうかね?
これまで2回はこの蝶を見たことがあります。いずれも西表でした。昨年は1頭の飛ぶ姿を見ただけで撮影は出来ませんでした。
今回の石垣ツアーはこの蝶もメインの一つでした。西表の宿で1泊し、何が何でも撮って帰るつもりでいたのですが、台風の影響でポイントにも行けず撤収しました。仕方なく散策した石垣のゲットウの自生地で思いがけない出会いでした。
撮影環境は悪いです。強風+小雨あるいはそれなりの雨でした。
♂♀伴に新鮮でした。静止する♀です。
PA282552.jpg

この♀が産卵を始めました。
PA282625.jpg

移動して産卵を続けます。白矢印の先に生まれた卵が見えます。
PA282626.jpg

この♀は産卵後に移動しました。その瞬間の一部です。飛翔が上手く撮れました。
PA282692.jpg

♂も飛び回っていましたが、天候が悪すぎるのか不活発でした。その中でも飛翔を撮ることが出来ました。
PA282610.jpg
暗いため画質が荒くなっているのが残念です。
出発から不安だった今回の石垣ツアー、ようやく帰り着きました。
今回の目玉はハマヤマトだったのですが、シロウラナミシジミが予定外の一番だったかもしれません。
PA272472.jpg
詳しいことは後日書きます。
2017.10.21 介護用品1
梅雨時より天気が悪い秋ですね。雨ばかりで動けません。
介護する側になった私には丁度良いのかもしれません。ほぼ縁がなかった介護、悩みは沢山あります。
その一つが徘徊です。幸いにも勝手に外には出ないのですが、宅配などチャイムを鳴らされると戸を開けてしまいます。
絶対出るなと話しても出来ないのです。何か簡単な方法はないかネットで探すと、こんな便利な鍵があるのですね。悩みは皆さんも同じようです。
PA080016.jpg
これは居間と玄関の間の扉に使用します。
PA080022.jpg
勤続の部分を家の孔に差し込みます。
こんな感じ。
PA080030.jpg
そして黒のロックを取り付けます。
PA080040.jpg
こうなると居間側からは戸が開かなくなります。
居間の縁側の窓は下にロックがもう一つあるため、母はそれが分からないため、戸も窓も開けることが出来ません。
これで留守中の心配はなくなりました。
火元はガスだけですので、元栓を閉めると使えません。

こんなことを考えなければならないとは、夢にも思っていませんでした。