九大生研に所属していたのは25歳からの6年間。卒業してからは医局人事で転々としていましたし、医局を飛び出してからは趣味の蝶のためにまた全国を転々としていました。そのためもあって、当時も先輩後輩達と会う機会がありませんでした。
この一年くらいでしょうか、Facebookのおかげで当時の友人達と交流できるようになり、昨日は30年ぶりの再会が出来ました。
不思議なくらい当時と皆変わりなかったです。
P2040002_20180205205055393.jpg

P2040003_20180205205038dcd.jpg

P2040004.jpg

P2040005.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、三々五々帰宅となりました。
次回は7月に開催となりましたが、私には季節的に微妙な時期です。
昨年から気になっていたふるさと納税のお礼の中で奄美大島の黒糖焼酎がありました。
e-Taxでの確定申告も終わり、還付が決まりましたので、早速、ふるさと納税を行いました。
すると速くも届きました。
P2030002.jpg
大好きな黒糖焼酎が6本です。楽しめそうです。
Fiat 500xの前後のエンブレムを交換しました。
赤の地色にロゴが書いてあるのがオリジナルです。
P1270021.jpg

これをイタリア国旗色へ変更して貰いました。
P1270022.jpg

P1270023.jpg
かわいくなったでしょう!
アレーゼ湘南のオリジナル商品だそうです。Fiat 500xを購入直後から気になっていたのですが、販売元が見つからず、ようやく見つけたら車の購入元でした。灯台下暗しですね。
2018.01.29 PC自作
これがマザーボード。
P1250002.jpg
これにいろいろ取り付けます。

まずはSSDです。最速の評価が高いサムスン960EVOです。Windows10本体をインストールします。
P1250003.jpg
発熱しやすいという情報がありましたので、放熱しやすいようにヒートシンクを貼り付けました。
P1250005_1.jpg

そこそこの評価のメモリーを2枚差しました。
P1250008.jpg

電源はこれです。ケースの一番下に設置します。
P1250009.jpg

心臓部分のCPUを付けました。
P1250011.jpg
これまた発熱しますのでファンを取り付けます。比較的発熱が少ないCPUの様ですので、付属のファンを付けました。
P1250012.jpg

取り付けが一段落です。こんな風になります。
P1250013.jpg

後はグラフィックスボードやBRレコーダーなどを取り付けます。
グラフィックスボードです。
P1260015.jpg

この最小構成で電源を入れてみました。無事にBIOS画面も見られて組み立の基本が終了です。
マザーボードとCPUファンが光る楽しいPCです。
P1260019.jpg
届いた部品はこんな感じです。
電源。1万円以上投資したのは初めてです。
P1210004.jpg

かーどりーだーと5インチベイの変換アダプター。カードリーダーはUSB3.0でないと今では遅すぎます。
P1240004.jpg

CPU、マザーボード、グラフィックスボードです。
P1240001_20180128141523567.jpg
今回はインテルでなくAMDにしました。お手頃価格で速い!マザーボードはやはりASUSです。昔から購入している台湾のメーカーです。グラフィックスボードはゲームをやらないのでもう少し安いものでも良かったのですが、今のパソコンが7年も使えましたので、長期に使うことを前提に決めました。

ケースはこれ。
P1250005.jpg
最近のケースは5インチベイがないものが多いです。皆さんはブルーレイやDVDは使わないのでしょうかね?わたしは必ず使うので5インチベイは必須です。

その5インチベイへ装着するブルーレイドライブはパイオニア製。
P1240002.jpg
ハードディスクは4テラのウエスタンデジタル製です。4テラあれば当分は保つでしょう。

メモリーはCORSAIRです。
P1240003.jpg
ハードディスクとは別にWindows10を入れるディスクとしてSSDはサムスン960EVOを選びました。速いはずです。

これらを組んで作ります。制作過程はまた後ほど。この時点で出来あがりWindows10が動いています。