2012.01.29 犬の薬
我が家の犬は6歳半で飼いやすい犬種です。
しかし犬種として致命的な体質があり、ほぼ100%に僧帽弁閉鎖不全が出現するという問題点があります。
外れること無く症状が出はじめました。
病院へ連れて行くと予想通りに結果でした。
そこで薬が3種出されました。
ピモベンダン、ACE阻害剤、ラシックスです。
この2週間分の代金が1万円超!保険なしですからお高いです!
これでは我が家の財布に優しくありませんから、どうにかならないか調べてみました。
すると犬の薬は個人使用なら個人輸入が出来るそうです。
送料など含めて約2ヶ月分で8200円ほど。これは頼むしか有りません。
注文して1週間ほどで2種は届きました。
R0011542.jpg
もう1種も後日着く予定です。

今はこんな方法があるから良いですが、以前ならペットにいくらかかっていたのでしょうね。
われわれも保険が中ったら恐ろしい金額になりますね。
我が家でも犬を飼っておりますが、最低限のマナーは守っていると思います。
外で糞をしたら持ち帰るとか、いろいろあると思います。

昨日、新得のペンナイ林道を散策していたら、子犬の声がします。まさかと思ってそちらを見ると、本当に子犬が居りました。もう一頭も。一頭は駆け寄ってきてこの絵になりました。
300_5815.jpg

もう一頭は動く元気が余りなかったようです。
兄弟でここに連れてこられて捨てられたのだと思います。捨てるなんて、なんて卑劣な行為でしょうか!
しかし、我が家でもきちんと飼えるという保証もなく、連れて帰る訳にも行かずに、昼ご飯用のおにぎりを与えました。
写真の子はすぐにしゃぶりついたのですが、もう一頭は口を動かすこともなく、じっとしていました。
おそらく数日前には捨てられたのでしょう。
遠方の人間がわざわざ熊の出そうなこの林道に入って捨てる訳ないので、新得など近くの人の仕業ではないかと想像します。
非常に心苦しかったのですが、餌に気をとられている間に、私も静かに立ち去ることにしました。

昨日は見捨ててしまった自分の行為が情けなくて、その後は何もする気も起こらず、自宅でじっとしておりました。

こんな子犬を捨てるなんて、許せない行為です。
飼う側にもマナーがあるはずです。

今日は雨。フキの下に簡単な寝床を作っていたようなので、そこでじっとしているだろうと思います。
本当にかわいそうで、そして申し訳ないです。
2010.09.27 初めての治療
我が家には小型犬がいる。
子供と一緒で、調子放いて抑えが効かなくなることがある。
帰宅すると前足を引きずっている。
話を聞くと、調子に乗りすぎて、ソファーから飛び降りた際に受傷したらしい。
右前足を着こうとしないので、それなりに痛いのだろう。
患部の腫脹はないし、触診では骨のズレはなく、圧痛もなさそうだった(しゃべらないのでキャンと泣かないことで判断)。
ということはおそらく捻挫で、湿布をしておけばいいだろう。
こんな感じ。耳が完全に垂れているので、嫌がっているようだ。
怪我01

怪我02

しばらくすると落ち着いたのか眠り始めた。
怪我03

犬の外傷治療は初めてだった。
人様の犬をこんな風に治療して、料金を頂くと獣医師法違反になるのだろう。
我が家の犬なので問題なし。
薬は人間のものをそのまま使って良いようで、外耳道炎に人間の点耳薬を使ったことはある。
ちなみに此の怪我、翌日には全快し走り回っていた。
2007.12.22 犬の散歩
この2日くらいで懸案を少し片付けた。その内にゆっくりと話すことが出来ると思う。
ちょっと息抜きをしようと居間でゆっくりしていたら、我が家の犬が期待しているような目でこちらを見ていた。
R5J0010093.jpg

嫁は娘のことで札幌へ行っているので、他に散歩に連れて行く者がいない。
仕方ないので息子と外へ連れて行くことにした。
いつもの近場では面白くないので河川敷へ行ってみた。

運動不足のこんな時期にいきなり走ると体に堪えるので、そちらは息子に任せて私は撮影をした。
それにしても犬は寒くないのが元気いっぱいに走り回る。
300_0437.jpg

足も冷たくなさそうだ。

彼はすぐ近くでカメラを向けられるのが得意でないようで、知らぬ顔をして視線を避ける。
呼ばれると仕方なくこちらを見ることが多い。
300_0446.jpg

300_0447.jpg

もうそろそろ帰るぞと言ったら、物足りなそうにしていた。
犬の元気が欲しいものだ。
今日は朝から
こんなことは珍しい。
凍った雪の上に雨が降るからどこもつるつるだった。
短い距離を歩くのにも大変でこけそうだった。
こんな日は外出を控える方が賢明と思っていたら、皆さんも同じ考えであったらしい。外来は少なくてちょっと助かった。

久々に我が家のを掲載した。
睡くて仕方ないらしいが、カメラを向けられて警戒したのか目を開けている。
R0010169.jpg

でもやっぱり眠さに勝てずに寝てしまった。
R0010170.jpg

外は寒いが室内はほのぼのとしていた。