このラーメンは新潟時代(10年ほど前)に初めて食べました。
あっさりとしたスープと柔らかいチャーシューに見せられて、高速を走ってまでして食べに行ったラーメン屋でした。

それ以前の私は食や宿にはまったく無関心で、パーキングで車中泊は当たり前、お腹が一杯になればそれで良しとすることが多かったです。
それが新潟に来てからは少しずつ変わりました。恐らく米自体がすごく美味しかったので、知らないことは悲しいことだと思い始めたのが切っ掛けだったと思います。

最後に食べてから10年、再び食する機会がやって来ました。
このチエーン店がいつの間にか東京のあちらこちらに出店するようになったみたいで、幸いにも恵比寿に店が見つかりました。昔は「小坊師」と言っていたのですが、今は「坂内」に変わったようです。
IMGP0575.jpg

やっぱり頼んだのはこれ。醤油です。厚めのチャーシューが5枚乗って、これで580円。
IMGP0577.jpg
しかもランチ時は小ライスと漬け物が無料で付きます。昔と変わらない内容です。新潟の時は550円だったように思うのですが、正確でありません。麺は縮れ太麺ですが、細麺も選べます。

試験前でさすがに緊張してきたと言う娘は味噌を頼みました。
IMGP0576.jpg

さてお味ですが、濃いめの北海道に慣れてしまった私たちは、喜多方のさっぱりスープが少しもの足らなく感じました。当時はこの味にすっかり惚れ込んでいたのですがね。
チャーシューはかつてと変わらない柔らかさと味でした。
思い入れが強かった分、こんな味だったかなあと何度も思いましたが、恐らく変わったのは私たちでしょう。
少なくとも美味しいラーメンであることに違いありません。一度お試しあれ!
ちなみに禁煙店でした。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/957-fcfacbdf