以前、オオモンシロが大発生していたキガラシ畑の記事を書きました。
その後同じポイント通過する機会があったので、経過観察を行う事にしました。
すると近づいてみてビックリです。
あのキガラシの畑はすっかり刈りとられてロールになっていました。
変わり果てたオオモンシロのポイント (2009.08.22 北海道河東郡音更町)

おそらく幼虫やら蛹やらみんな一緒にロールになったのでしょうね。ちょっとかわいそうですが、そんな人の営みとお付き合いしながら世代交代をしている訳なので、仕方ないのでしょう。
そんな訳で、大発生のポイントは一時的なものでした。
この光景が毎年繰り返されているのかどうかは、来年確認してみたいと思います。

注:8/22に撮影したものです。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/941-26d56c88