最近は写真やミュージックファイルをハードディスクに入れておいて、ネットワークでそれを利用できるサーバーが販売されています。
DLNAサーバー機能で可能になっているようです。

今回購入したアクオスはそんなサーバーに接続すると写真や音楽などテレビで楽しめるクライアントの機能を備えています。
なのでサーバーさえ準備してあげると良いと言うことになりますが、新たに購入せずに今の環境でどうにかならないか調べたところ、なんとWindows内のソフト、Windows MediaPlayer12にそのサーバー機能があることが分かりました。

ちょっと調べて設定してみましたが、アクオスからパソコン内のファイルが見えていません。実はここで数日ストップしておりました。次第に面倒だから良いかという気分になってきたのですが、最後にパソコンからアクオスにpingを送ってみると、ちゃんと帰ってくるのが分かりました。つまりちゃんと接続できているのに見えない!

原点に返ってよく考えてみると、陥りやすい罠を思い出しました。最近悩むようなことしていなかったので、すっかり忘れていました。セキュリティーソフトの存在!
それでこのソフトを一時的にオフにして試してみることに。

アクオスの設定でホームネットワークを選択します。
IMGP0491.jpg

すると嘘のように簡単にパソコンが見えました。後は選ぶだけ。
IMGP0495.jpg

IMGP0493.jpg

写真を拡大するとこんな風に見えます。スライドショーもOKです。
IMGP0494.jpg

ちょっとしたお遊びですね。
問題点もあります。Windows MediaPlayer12の機能を利用しているので、当然パソコンを起動してこのソフトを動かしていることが前提です。
パソコンに関係なくアクオスをクライアントとして利用するためには、やっぱり市販のDLNAサーバー機能搭載サーバーを購入することが必要ですね。バッファローなどのメーカーで2万円前後から販売しているようです。
稀にしか利用しないと思うので、私はここでお終いにしたいと思います。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/935-cf5d8484