2009.08.06 晩成温泉
以前紹介したこの温泉、再掲載ですが浴室の写真をついに撮りました。

私は休みを取って、遊びに来た両親と叔父さんをどこか温泉に案内することになりました。
湯質は普通だが山奥のトムラウシ温泉か、世界的に珍しいヨード質の湯だが海岸沿いの晩成温泉のどちらかを選択してもらったら、晩成温泉が良いと言うので、こちらに決まりました。
途中で大きくなったシダ科の植物を見て、「ワラビが沢山ある!」と感動しておりましたが、それだけでは我慢できず結局は2度目のワラビを探すことになりました。
そこそこ見つかってやっと温泉へ。
晩成温泉 (2009.08.04 北海道広尾郡大樹町字晩成)03

湯船は一つで露天もありませんが、窓からは海が見えます。
晩成温泉 (2009.08.04 北海道広尾郡大樹町字晩成)01

湯質は見ての通りでモールのように茶色に濁っていますが、モールより濃い色です。そして独特のつんとくる臭い、アンモニア臭に似ています。
本当に変わった湯です。
晩成温泉 (2009.08.04 北海道広尾郡大樹町字晩成)02

今回はどうして浴室が撮れたかというと、平日で客がほとんど居りませんでした。
しかし、足の舞を忘れた!

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/864-ac4cc316