先日、チョウ類保全協会の中村さんが十勝入りしたとき、あまりにも悪い天候で蝶など姿もない状態でした。彼も何かを見ずには帰れない気持ちだったようで、チャマの幼虫くらいは探したいとの意見でした。
チャマを探しやすい帯広のポイント案内して、「晴れていればジョウザンも夏型が出ていたようです」と告げ、後はお任せして帰宅しました。
しばらくすると「幼虫が居りました」と連絡が。
これは折角の機会だから、彼から教えを請うことにして、現場へ戻ったのです。
そして教えてもらった巣がこれ。
チャマダラセセリ幼虫巣 (2009.07.19 北海道帯広市)01

マクロで。
チャマダラセセリ幼虫巣 (2009.07.19 北海道帯広市)06

ちょっとごめんなさいと巣を開くとしっかり居りました。
チャマダラセセリ幼虫 (2009.07.19 北海道帯広市)05

私も自分で探したのですが、空き巣が多くてなかなか当たりませんでした。
それでも要領はマスターいたしました。中村さん、ありがとうございます。

そして以外にも静止したジョウザンも彼は見つけてしまいました。
ジョウザンシジミ♀ (2009.07.19 北海道帯広市)01

マクロです。ちょっと白っぽい感じだと思ったのですが。
ジョウザンシジミ♀ (2009.07.19 北海道帯広市)05

どうやら黒い斑紋が通常より小さいみたいです。本来ならこの程度だと思います。
ジョウザンシジミ♀ (2009.07.19 北海道帯広市)07

それにしても最後まで諦めない根性には脱帽です。
こんな悪天候なら私は朝からビール飲んでますね。たとえ遠征中でも。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/855-c811c45b