6/18の足寄でのカラフトヒョウモン撮影時に実はアサギマダラを目撃しました。
何かひらひらしている(アゲハかと思いました)と近づくと、アサギマダラ!
北海道で初めて見るアサギマダラでした。道南では割と居るようですし、札幌周辺でも珍しくないそうです。しかし道東ですからね。
花に止まりそうでカメラを構えると、こちらの気配に気づいたようで飛び始めました。
マツ爺さまも見ていたのですが、私の撮影を優先してくれて採りません。その辺に止まりそうで、様子を見ていたのですが、次第に元気よく飛び始めました。採って!
号令をかけて、マツ爺さまが採るはずでしたが、なんと空振り!何処かへ行ってしまいました。

さて、もう居るはずは無いのですが、もしかするとと思い、昨日再訪問してきました。
結果は見事にnullです。

そんな訳でその他の蝶を掲載します。
6月の蝶たちは低地では既に終わりですが、内陸では今がピークでした。
上士幌から足寄にかけてヒメウスバは何処でも飛んでいる感じです。
5dmk2_0323.jpg
国道沿いでも飛んでいました。

でも不思議なことに足寄近辺ではウスバが多くなります。どんどん拡大しているようです。
5dmk2_0326.jpg

飛翔も。
300_0035.jpg

フタスジも最盛期のようでした。こちらはまったく止まってくれず、飛翔のみです。
300_9968.jpg

300_9969.jpg
個体数はそこそこ居りました。

問題のアサギマダラを見たポイントですが、ヒメウスバ、ヤマキマなどしか居りませんでしたが、ふきに止まるせせりが目に入りました。
なんとチャマです!まだ居たのですね。文句なしの終見記録でした。
DX_3314.jpg
大きく広がったふきが季節の進みを表しています。

特別な日ではありませんでしたが、それなりにいろいろな蝶を見てノンビリ出来ました。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/832-bc288532