懲りもせずまたジョウザンを見に行きました。
タンポポも咲かないのだから、シーズンとしては早すぎるのは分かっているのです。
でも足が止まらないのです。
さっさと結果を書きますが、居りません。当然ですね。
でもとっても大きいものを見つけました。カサ爺です。足繁く通っておられるようです。

そして記念すべき今年の新生蝶第一号と巡り会いました。
エゾスジグロとかではないです。
なんとモンキチョウでした。
300_9262.jpg
これまでの私の初見記録は4/29でしたので10日ほど更新しました。
吸蜜植物はふきしかありませんから、越冬蝶も含めて皆これで吸蜜です。

情報としては昨日、ジョウザンが飛んだそうです。しかもやっぱりふきで吸蜜していたとか。

越冬タテハはクジャク、コヒオドシが多く、1頭のシータテハも居りました。

風も冷たいので撤収しました。
帰り道で見つけたのは後翅の大破したアカタテハ。
DX_2914.jpg
昔は少なかったのに最近は割と顔を出します。身近な蝶になってきました。

明日はどうしようか?


非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/776-9d4a11d1