2009.03.02 記録媒体
この時期になると春を思いながら、写真の保存のことを考えてしまいます。
一昔はデータの保存はフロッピーで十分でした。
それがいつの間にかだんだん容量が大きくなってきて、MOディスなどいろいろ出てきました。

私個人では写真などはMOに保存していました。
その後、200万画素のコンデジを初めて購入して、CD-RWに残すようになりました。
コンデジからデジ一眼へ変えると、またまた大容量の媒体が必要になり、次はDVD-RAMでした。
デジ一眼の画素数がだんだん大きくなってくると、DVDでもすぐに一杯になっているのが現状です。
最近はハードディスクが割安だと思いますが、あまりにも大容量で、一台死んでしまうときのデータ損失が恐ろしいです。
そこで次に考えているのが、最近流行のブルーレイです。BR-WEだと1枚で25Gです。

我が家のPCにブルーレイを搭載するとなると、接続方式からそのままでは難しいです。
最近のストレージはSATA(シリアルATA)が主流です。実はいろいろ繋ぎすぎて、端子が無くなりました。
探してみると面白いものが見つかりました。
PCI Expressに増設できるインターフェイスです。
これでSATAが2つ増えます。
IMGP0051.jpg

後は時期を見てブルーレイのハードを導入するだけです。
これも価格などタイミングが必要かもしれません。それなりに低価格になってきましたが。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/742-cce44852