長い冬がようやく峠を越えた感じです。
今月も終われば雪が降っても早めに溶けるようになります。
そんな冬、モンゴルの草原を思い出しました。
生息環境 (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)02
また行きたい!ここはヒョウモンなどが沢山居りました。ジョウザンシジミなどの共通種も多くて、楽しめるポイントでした。

そんな草原から山手の方へ登っても面白いです。
テレルジに行くとまたいろいろ。本来ならパルが楽しませてくれたはずでした。
ここでも共通種が居りました。

飛翔シリーズでヒメシジミから。個体数は少なかったです。発生し始めたばかりだったのでしょう。
ヒメシジミ♂飛翔 (2008.07.07 Terelji, Mongolia)
ブルーのシジミはやっぱり良いですね。

この蝶が残っている方がおかしくて、やっぱり季節は遅れていたとはっきり実感しました。
エゾヒメシロチョウです。こちらも個体数は数頭だけでしたが、春型が残っているのですから…
エゾヒメシロチョウ♀飛翔 (2008.07.02 Terelji, Mongolia)03

エゾヒメシロチョウ♀飛翔 (2008.07.02 Terelji, Mongolia)05
特に北海道産と変わらない感じでした。

もう一度行かんと落ち着かないようです。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/728-2e6cbaa8