昨年のモンゴルの遠征で、ヒメシロの仲間を見たのはたった1ヶ所だった。
林床をゆっくり飛んでいる1頭を見つけて、小さいがエゾヒメシロだろうと判断したが、静止した姿を見て別種と分かった。
シナピスヒメシロチョウ♀ (2008.07.02 Terelji, Mongolia)05
これが本当に結構小型でした。

マクロで拡大するとちょっと違うことに気づきます(何となく雰囲気で)。
シナピスヒメシロチョウ♀ (2008.07.02 Terelji, Mongolia)09

この種はこの個体だけでした。エゾヒメシロは何頭か見ることが出来ました。
この1頭を大切に追いかけたのですが、さすがに嫌がられたのか飛び回るだけで、止まることは有りませんでした。
そこで最後の手段、飛翔撮影です。
シナピスヒメシロチョウ♀飛翔 (2008.07.02 Terelji, Mongolia)01
周囲の雰囲気もどうにか撮れた絵だと思います。

エゾヒメシロで言うと春型みたいな個体でしたが、当然夏型なのでしょう。
春型がどんな顔をしているのでしょうね?

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/718-4f412b9e