先日、懐かしい九大生研の年刊誌「VITAE」の事を書きました。
対馬の蝶の記録のことです。
当時、何が採れていたのかじっくり見ておりますと。
ウラナミジャノメも今と変わらず居ったようです。
でも、そこの一行を見てぎょっとしました。
ypth050.jpg
私が採っている?そんな馬鹿な。全く記憶にないし、標本の存在もはっきりしません。
これが事実だとすると、採っていたことも忘れて、皆さんにお願いしていたことになります。
展翅しているかどうかから調べねばなりません。
展翅していなければ、古い三角紙は廃棄した可能性もあります。
冬の間に標本整理もかねて捜してみたいと思います。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/691-1a41ae7c