いよいよ秋深まってきました。
桜は紅葉していました。気温18℃、曇りです。
越冬タテハが少々飛んでいるくらいです。

そんな訳で十勝の蝶は話題がありませんので、モンゴルの蝶を掲載します。
カバイロシジミです。
これは新鮮でした。ゆっくり撮らせてくれず、この1枚のみ。
カバイロシジミ♂ (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)02
縁の黒さはどちらかというと道南に近いですかね。

もう一枚♂を。こちらは擦れていますので、分かり難いですね。
カバイロシジミ♂ (2008.07.05 Terelji, Mongolia)07

同じ♂の裏面です。特に北海道産との違いはなさそうです。
カバイロシジミ♂ (2008.07.05 Terelji, Mongolia)08
ここにはクサフジが沢山有りました。

唯一の♀です。かなり痛んでいたので参考になりませんが、表は青が有りませんでした。擦れているだけかも知れませんが。
カバイロシジミ♀ (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)02

これまでに掲載した蝶は、結構共通種でしょう。
大陸も面白いですね。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/585-9bb8e42e