Coliasが嫌いな訳ではないのですが、モンゴルでの撮影では後回しになってしまいました。
理由は速くて撮りにくいし、最初に見たのがハイヤーレモンキチョウで、色彩的には日本のモンキチョウに極めて近かったので、後で良いという判断になってしまいました。
このアムールモンキチョウはそう簡単に見られないという先入観も妨げになっていたと思います。

ウランバートル郊外で最初に見たのがハイヤーレモンキチョウだったわけで、その後に見たモンキチョウをすべてこれだろうと判断していました。
テレルジのキャンプ場周辺を飛んでいたのは、実はアムールモンキチョウだったようです。
それに気づいたのは数日後でした。
この個体を見て気づきました。
アムールモンキチョウ♂ (2008.07.04 Terelji, Mongolia)06
早朝に見つけた個体で不活発でした。
それでも何枚か撮ってい飛んでいきました。

それからはモンキチョウを見る度に撮ろうと試みるのですが、敏感で接近は難しい蝶でした。
この絵も早朝の不活発な時のものです。
アムールモンキチョウ♂ (2008.07.07 Terelji, Mongolia)02

吸水シーンのを見ることが出来ました。よくあることなのか分かりません。
モンキチョウでは見たことが無いように思いますが、皆さん如何でしょうか?
アムールモンキチョウ♂ (2008.07.07 Terelji, Mongolia)09

これまでの絵だけではモンキチョウとの違いもはっきりしないと思いますが、開翅をしてくれませんし、飛翔は速いしで困っておりましたが、逆光という手がありました。
アムールモンキチョウ♂ (2008.07.06 Terelji, Mongolia)03
このままの色合いだと思って下さい。
淡い黄緑色でしょうか。
Coliasも集めたら面白そうですね。そこまで余裕は有りませんが。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/568-574b8bb3