今日は気温が上がらず17.5℃でした。
さすがに蝶も寂しく、スジグロシロチョウ、オオヒカゲともに数頭見ただけです。

こんな時にはモンゴルの蝶を紹介しましょう。
コウアンチャマダラセセリです。
初めて飛んでいるのを見た時は、チャマか?と思いましたが、静止像を見るとちょっと違うと分かりました。帰国するまで同定は出来なかったのですが、この蝶で間違いないでしょう。
テリ張って静止していました。
コウアンチャマダラセセリ♂ (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)09

マクロでも押さえました。チャマと似た種だと分かって頂けると思います。
コウアンチャマダラセセリ♂ (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)04

こちらのチャマと同じような環境に生息しており、個体数もまとまっては見られませんが、何処にでも顔を出す感じでした。
コウアンチャマダラセセリ♂ (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)13

コウアンチャマダラセセリ♂ (2008.07.06 Terelji, Mongolia)08

どの絵も同じような環境でしょう。
本当はヒメチャも居るはずだったのですが、私は見られませんでした。相棒は採ったようです。
この仲間は多いので同定もやっかいですね。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/560-2e402690