2008.08.18 最後の夏日か
昨日は近場の散歩をして、まだどんな蝶が飛んでいるか観察し、ここに書くつもりでした。
予想外にキベリに出会えたので差し替えでした。
昨日は25℃くらいあったようですが、今日は23℃。風は冷たさを増したようで秋風になっています。
いよいよ夏は終わったようです。
昨日は最後の夏日だったかも知れません(週末としては)。
そんな最後の夏の蝶たちをちょっと紹介しましょう。

オオヒカゲは今年も多いようで、あちらこちらで見かけますが、昨年みたいには愛想良くありません。
全く寄れませんでした。飛翔で証拠だけ残しました。
300_8796.jpg

しばらく林縁を眺めているとそこそこのゼフがテリを張っていました。初夏と同じように卍も見られます。まさか新鮮な個体が居るとは思えないのですが確認してみました。
当然ながらかなり擦れたジョウザンミドリのようです。
300_8807.jpg
出会いがなかったのでしょうね。ちょっと寂しいですね。

林道を流していると綺麗なキアゲハに出会いました。
それを撮ろうと思って車を止め外に出ると足下にこいつが居ました。
危うく踏むところでした。シマヘビと思いますが自信はないです。
300_8808.jpg
全く動かないので、しっぽを軽く足で踏んだら藪へ逃げ込みました。毒はないと思っても好きになれない生物です。

その後ゆっくりキアゲハを撮影できました。春型より何故かこの時期のキアゲハが綺麗だと思います。色のコントラストが強いのでしょうかね?
300_8813.jpg

この夏は本当にゴマシジミと相性が良いようです。こんな時には撮れるだけ撮っておきましょう。
どこでも開翅が見られるような錯覚に陥りますね。
300_8819.jpg

林道の先を急ぎます。
さすが晩夏です。この夏初めて会うカラスシジミはかなり擦れていました。
一緒にサカハチ、ジャノメチョウも写っています。向こうにはオオウラギンスジが止まっていました。
5D_3387.jpg

林道の出口にはまたゴマです。本当に良く会います。今年の出会い大賞ですね。
5D_3392.jpg
でも北海道以外では少ないのだから、こんな書き方をすると皆さんに怒られますね。
この林道を後にして別の林道に入ったところキベリに出会ったという訳です。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/555-a6209616