モンゴルには私の好きなヒメヒカゲの仲間が数種います。
そのうち幾つかを撮れたら良いと思っていました。
初日のヌフト山で黄色いヒメヒカゲを見たときは、正直どきどきしました。
ここで撮らないと後には出会いがないかも知れないと思うからです。
2頭飛んでいた内の1頭をしつこく追いかけて、ようやく撮る事が出来た絵です。
後でキイロヒメヒカゲと分かりました。
キイロヒメヒカゲ♂ (2008.07.01 Mt Nucht, Ulaanbaatar, Mongolia)02
飛び方はシロオビヒメに似ています。結構敏捷で、気配に敏感です。
キイロヒメヒカゲ♂ (2008.07.01 Mt Nucht, Ulaanbaatar, Mongolia)08
この後、毎日見ることが出来たので、希少価値はずーと下がりました。それでも機会あるごとに撮って居ました。
キイロヒメヒカゲ♂ (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)02
シロオビヒメみたいに日光浴は体を斜めに倒して、太陽光線をなるだけ受けるようにしました。
この絵は太陽が急に陰ったときのものです。
キイロヒメヒカゲ♂ (2008.07.07 Terelji, Mongolia)04
シロオビヒメと同様に開翅してくれませんので、飛翔で表を確認しました。
山吹色一色ですね。
キイロヒメヒカゲ♂飛翔 (2008.07.01 Dugana Khad, Mongolia)04
訪花もしばしば確認しているのですが、絵は撮れていません。
普通種でしたがとてもお気に入りになりました。


非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/533-e4c4970a