モンゴルには日本と共通種が沢山居ます。
その共通種の中で、撮っておきたい蝶だったのがゴマシジミです。
北海道のゴマは変化に乏しい淡いブルーですが、本州には色々なタイプがあるので、モンゴルなら道だ?という楽しみもありました。
そんな期待の中、ようやく出会えました。
こんな環境ですが、モンゴルは何処にでもある風景です。
生息環境 (2008.07.02 Terelji, Mongolia)
ここの林内を歩いていると大型のシジミが飛び立ちました。そしてワレモコウへ止まりました。
ゴマシジミ♀ (2008.07.02 Terelji, Mongolia)04
これはゴマだろうと思いましたが、数種いるので確信がありません。裏面はこんな感じで黒っぽい個体でした。
ゴマシジミ♀ (2008.07.02 Terelji, Mongolia)06
性格はこちらと同じでワレモコウに執着し、他にも花は有ったのですが必ずワレモコウに止まりました。
飛んでるときに青みを全く感じさせなかったのですが、表は予想通りに真っ黒でした。
ゴマシジミ♀ (2008.07.02 Terelji, Mongolia)15
個体変異はいろいろあるようですから、青いのも居るようです。今回の旅で見られたゴマはこの1頭だけした。運が良かったのか悪かったのか?

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/531-9175de1d