2008.06.28 カバイロ初見
久々に週末が晴れで始まりました。
姿を見られていないカラフトヒョウモンやそろそろ色々出てくるでろう蝶たちを見に行ってきました。

結果はカラフトヒョウモンは擦れた2頭を見ただけ。予想はしていましたが完全に終わっていました。
見られただけ良しとします。でもギンボシも1頭しか見ていません。
全体的に蝶が少ない感じですね。端境期ですかね。

移動して高原へ。この時期来たことがありません。何が居るやろうと楽しみにしていたのですが、擦れたシロオビヒメとヒメウラナミジャノメが居っただけでした。

次へ移動です。フタスジの産卵くらい見られるかもと行ってみたのですが、完全に姿を消していました。あっという間でした。おまけに発生木周囲に沢山いたエゾシロも居らず、卵もなし。

今日は悲惨な一日だと思っていたら、最後に初見の蝶に出会えました。
カバイロです。もっと前から発生していると予想していたのに、天気のせいで会えませんでした。
ようやく会えたのですが、気温が高く飛び回るだけです。
仕方なく飛翔で証拠を確保でした。
300_4871.jpg

300_4872.jpg

表はあまりに日差しが強く色が飛んでしまいました。薄曇りの方が良いですね。
なんて今度は晴れに対して文句ですね。
300_4873.jpg

明日は曇り空とのこと。
晴れても山手に行けない私にはすることがなさそうです。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/519-a8944e4c