こんな雨の日に出来ること、幼虫観察なのですが、対象がだんだん少なくなってきました。
そこで以前から考えていたこと、それは雨宿り場所を探すことです。
普通なら偶然でしか見つけられないのですが、今回は秘策がありました。
それは大量に発生したと思われるエゾシロの発生木周辺を探してみると言うことです。
想像では草とか木々の濡れにくい場所で静止しているのだろうと思っていますが、実際はどうなのか調べて見ました。
そして見つけたのがこの絵。地上から10cm位の一寸大きめの草の裏側でした。
300_3933.jpg

これを4-5頭見つけると傾向が分かるかなと思いながら楽勝気分でしたが、2頭目が見つかりませんでした。何処にいるのでしょうか?分散したのでしょうか?いつも発生木周辺を沢山飛んでいるエゾシロでしたが。今年はこの1頭が初見ですが、蛹はことごとく羽化後でした。
濡れながらしばらく探しましたが、ついに2頭目は見つけられずに撤収しました。
なんだか不完全燃焼です。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/505-96093d38