2008.05.25 大雪にて
険しい山だけどとっておきの環境が見られると聞いていました。
以前から一度行ってみたいとお願いしていました。
そして出発。
険しいです。こんな沢を登り詰めます。
GX0010823.jpg

かなり歩きました。最後の雪渓はしんどかったですね。
そこで何を見たのか?
この植物に関連する蝶です。まだ十分に生育して居らず小さいですね。
300_3194.jpg

飛び回る個体を数頭目撃。
撮影しようにも全く手が出ません。
一日粘ったのですが、自力では無理でした。
最後にある方が見つけた個体を撮影しました。運良く近くのハイマツ静止。
これを撮影しました。無いより良いけど、自分で見つけて撮ったことになりません。
DX_1934.jpg

本来ならこうやって日光浴する個体を見つけてじっくり撮りたかったですね。
この個体は2枚とったら飛んでいきました。

帰りがまたまた地獄の道のり。
ようやく車までたどり着き林道を走っているとなにやら黒い物体が。
小熊でした。と言うことはと思っていたら、脇から母熊が飛び出してきて、2頭で林道を走りました。
慌てて撮ったので証拠程度にしかなりませんでした。
DX_1935.jpg

赤は小熊、青は母熊です。
母熊は逃げる途中立ち止まってこちらを何度か睨みつけていました。
そのうちに2頭とも藪へ消えました。
春先からヒグマに遭うとは嫌な年です。

※綺麗な環境写真も沢山あるのですが、その掲載は控えて欲しいと要請がありお伝えできません。
想像して下さい。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/486-6c06e4d3