今日は予報通りに寒い一日となりました。
陽が陰ると6℃くらい、差すと8℃くらいでした。
陽当たりの良い斜面でモンキチョウが飛ぶ程度で、他は何も見ません。
ミヤマカラスを撮ろうと目論んでいたのですが、全く駄目でした。

こんな日は仕方ないので幼虫でも見てみましょう。
昨年も居た同じ木に今年もメスアカの若齢幼虫が見つかりました。
5D_2912.jpg

GX100で拡大撮影です。
GX0010802.jpg

ここは寒いので移動します。気温4℃でした。

河原へ移動です。
エゾノウワミズザクラが満開でした。おそらくリンゴシジミも終令ですね。
5D_2916.jpg

それでリンゴの幼虫を探したと思うでしょう。
今日は気温も低くそんな根性ないので、もっと見つけやすい幼虫の観察でした。
緑と花で一杯のはずのウワミズザクラが坊主になっています(矢印)。
5D_2915.jpg

拡大すると…、枝にまとわりつく気味の悪い一団が見えますね。
300_2840.jpg

もっと寄ってみましょう。周りの枝にも付いているので、顔とか腕に付かないように注意が必要です。
5D_2914.jpg

エゾシロチョウの終令幼虫でした。気味が悪いです。
葉も花もむしゃむしゃ食っていました。
もう終令だとは思いませんでした。6月始めには羽化するのだと思います。

今日はこの辺で終わりにしましょう。陽が差しても寒いですし。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/472-aa8a425e