昨日は切られたハンノキのことを書きましたが、カシワの越冬卵はそれなりに付いていました。
昨年と比べるとやや少ない感じかも知れません。
枝を切られた後もあるので、何方かが採卵している影響もあり、少なく感じるのかも知れません。
昨年と同じ木に卵が見つかると嬉しいです。
オオミドリでしょう。
GX0010714.jpg

拡大です。
GX0010715.jpg

昨年同様に細枝に産んでありました。
DX_1751.jpg

これはCanon Kiss DX + Sigma 8mm + Kenko 1.5xで撮ったものです。35mm換算で18mmくらいになっていると思います。同じ絞りでSigma 15mmの絵より深度が深くなります。今年活躍するレンズ選択になるかも知れません。

拡大です。オオミドリと思っていたのですが、突起が深くダイセンのようです。休眠芽でないのですが、間違いありません。
GX0010716.jpg

別の枝の卵塊です。これはオオミドリのようです。奥の枝は昨年切られたものみたいでした。
GX0010717.jpg

ダイセンは春に幼虫観察をする予定にしています。
それにしてもハンノキが…。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/391-c2148889