3シーズンとも姿を見られなかったキタアカを来年は撮影するべく手近なポイント探しをすることにしました。
かつてはカシワ林には何処にでもいたのですが、最近はよく分かりません。
そう持っていた朝、陽が差さずに風もあって寒かったので、比較的近いカシワ林へ行ってみました。10年前にはキタアカを採卵したことがある場所ですが、たいした数は見られなかったと記憶しています。
とりあえず行って探すとどうやらオオミドリらしき卵は見つかりました。
GX0010674.jpg

GX0010673.jpg

もう少し拡大をgyoromeで。曇りで深度を稼げません。
GX0010680.jpg

過去の記憶通りというか、やっぱりたいした林でなく、これ以外に見つかりません。手の届く枝が少なすぎるというのが実体でした。
寒いし、帰ることにしました。

途中の市内の直線。ここはいつも速度取り締まりをやっているので、私も注意して飛ばさずに通過していたら、お巡りさんが出てきてこちらへ入れと指示します。まさか私ではないだろうと思い顔を見ると、やっぱり私みたい。うっかり飛ばしていたのでなく、注意してスピードを出していないので、それはないだろうと思いましたが、40kmのところを18kmオーバーだと言われました。確かに50kmくらいでは走っていましたが、これには納得いかずしばらく問答しました。
機械が正確か分からないのでそれを証明する書類を見せてくれと言うと、こんな紙を見せてくれました。手にとってはだめで見るだけ。写真はOKでした。
GX0010681.jpg

でもこれは単に取り締まり前にチェックしていますよという紙で、これが正確かどうかは実際には分かりません。後で話していると誤差は必ずあるが、不利になる誤差は出ないようにメーカーが作っていると言ってました。これもどうだか分かりません。
測定値自体も一番正確に測れる状態より低い測定値にならざるを得ないから、本当はもっと出ていたかもしれないとも言います。
そう言われるとますます信用できなくなります。
これにサインしてと言われましたが、納得できな時はサインせず争っても良いのか聞きましたが、その時の流れを説明してはくれました。ちょっとやってみようかとも思いましたが、問題なのはここの管轄が釧路方面警察なので、ことあるごとに釧路へ行かねばならないことです。さすがにこれは面倒だと思い、仕方なくサインし、振り込み用紙と青切符をもらって帰りました。
img318.jpg

実は本当に納得していないのです、私!
ついつい出して捕まったのなら諦めますが、スピードは出さないように注意して走っていたのに出過ぎと言われているんですから。
こんな40km制限のところで取り締まりをする方も、あまりにも意図的だと感じてしまいます。
反則金は12000円。卵1個の撮影料としては破格ですな。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/324-ce2f9478