眼の状態が落ちついてきたので、今回の経緯や原因をまとめました。

網膜剥離は網膜裂孔から生じました。一番多いのは眼の外傷が原因だそうです。ボクサーみたいな職業の人は危ないようです。
私の場合は近視が原因でした。近視の眼は前後方向へ延びており、卵みたいな球体になっているそうで、網膜が引っ張られている状態のようです。そこへ来て硝子体が年齢的に萎縮すると網膜が更に前後に引っ張られて、一番弱いレンズ付近の部分に孔が開き、そこから眼球内の液漿成分が入り込んで網膜を剥がしていくようです。孔が開いた時点ならエーザーで孔の周囲を囲んでしまえばOKですが、剥がれてしまうと手術しか無さそうです。

発端はH14年9月の網膜裂孔です。1ヶ月前から黒いゴミが目の前を舞っていたので、広島県立病院を受診したら網膜裂孔の診断で、その日の午後に光凝固を受けました。12月には怪しい部分があるとのことで、その時は予防的に焼いて貰いました。
その後、今年の5月までは何も起こっていません。
5/7の午後、これまで気にならなかった黒いゴミ気になるようになり、黒いレースのカーテン状のものが舞っていました。これは網膜のゆがみだったようです。その日の眼科受診では新たな孔は無いとの診断でしたが、初期で分からなかったのでしょう。夕方には灰白色の円盤状の物が沢山舞い始め、しだいに数が多くなると伴に霞がかかったように見えなくなってきました。さすがにこれはおかしいと思い、翌日には勤務先近くの眼科を受診しました。円盤状の物は出血した赤血球だったようです。裂けた網膜からの出血で、いわゆる硝子体出血を起こしていました。勤務先傍の眼科ではレーザー治療は出来ないとのことで、系列の眼科を紹介されて、5/9にレーザーによる光凝固を受けました。
6月の末にやはり硝子体出血で曇ってきたため、自宅近くの眼科で光凝固を受けました。経過は良好でしたのでこれで終われるかと思っていたのですが、7/15にひどい硝子体出血が起こり(東御遠征中)、7/26の朝から褐色のセルロイドの様な膜が左上方から下がってきました。これが網膜剥離だったのです。黄斑部まで及んでいたら高度の視力障害を残すところでした。
もう術後4週間は軽快しており、9月からは飛行機や高山帯も問題ないようです。

黒い点状ののゴミは加齢現象でも見られるとのことですが、線状やレース状など多彩なゴミは網膜裂孔かもしれませんので、眼科受診が必要です。霞んできたら出血ですので直ぐに受診すべきです。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/2127-dc1005fb