丁度、深度合成を実践してみる良いターゲットが見つかりました。
2頭の♂です。
まずは普通に手前の左側の個体にピントを合わせて撮りました。
アサマシジミ♂ 097
この拡大ではよく分かりませんが、右奥の個体を拡大してみます。
アサマシジミ♂ 097-1
当然ながらピンボケしています。絞り込むとまだ合う可能性は有ります。

同じ条件で深度合成で撮ってみました。ただし、右奥の個体が方向を変えてしまい、全く同じではありません。
アサマシジミ♂ 099深度合成
右奥の個体の拡大です。
アサマシジミ♂ 099深度合成-1
良い感じでピントが合っています。
こんなシーンには深度合成は使えますね。ただし、今回の使用レンズがED 12-100mm proですので、カメラないの合成ではなく、帰宅後のソフトによる深度合成です。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/2101-7dcf548f