3/18に初の新生蝶を見ましたが、今日はあのセセリチョウに対して、このカメラとレンズがどう対応できるかテストしました。
2日前より個体数が増えて、ミヤマセセリは待つことなく見ることが出来ました。
P3200004.jpg
縁毛が少し擦れてきましたが、比較的新鮮な♂がそこそこ飛んでいました。

セセリチョウの飛翔も1/2500のスピードで撮ってみました。この大きさで速いのでやはり飛翔は難しいです。
P3200018.jpg

P3200019.jpg

シャッタースピードをもっと上げないと翅はかなり歪むようです。
P3200020.jpg

キチョウぐらいの大きさで速度も速くないと、1/2500でも十分でした。
P3200117.jpg

P3200124.jpg

勿論、マクロとしても問題ない画質でした。
P3200357.jpg

魚眼の代わりにはなりませんが、広角撮影も十分出来ました。12mmでの絵です。
P3200412.jpg
見慣れた魚眼の歪みがないのが気になりますが、これは仕方ないです。

マクロはやはり問題なくしっかりした絵が撮れました。
P3200419.jpg

このカメラとレンズの組み合わせは広角からマクロ、飛翔写真まで1台でこなせるようです。もう少し条件を考える必要はあるようですが。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/2054-5bf2403b