2016.08.05 ムラツの季節
昨年はムラサキツバメの幼虫に気づいたのが9月中頃でした多くが終令幼虫だったため、今年は早めに調査を開始してみました。
すると既に幼虫が見つかりました。
こんな市街地のマテバシイに巣が付いています。
マテバシイ 横浜市瀬谷区

ムラサキツバメ幼虫巣 横浜市緑区01

幼虫は1-2令が多い様です。
ムラサキツバメ幼虫 神奈川県横浜市緑区03

ムラサキツバメ幼虫 大和市02

しかし中にはもうすぐ終令を迎えそうな個体も見つかりました。
ムラサキツバメ幼虫 大和市01

しかし考えてみると不思議です。周囲には生活環境が全く見あたらない公園や市街地に、どうして幼虫が見つかるのでしょうか?
イチモンジセセリみたいに夏の終わりになると南方から飛来してきて、見つかる食草に産卵するのでしょうか?
その場で世代交代が出来そうでない場所も少なくないですから。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1951-1d3c9897