この1週間で2カ所でダイミョウセセリを見ることが出来ました。
府中市のダイミョウセセリです。
DSC_6314.jpg
かつての関東亜種のはずですが後翅にしっかりと白いラインがありました。

同じ東京都の町田市のダイミョウセセリです。
DSC_6324.jpg
こちらはしっかり後翅の白帯は消えており、かつての関東亜種と言われる個体と思います。

そもそも亜種として区別すべきなのかどうか分かりません。何処かでダイミョウセセリのかつての関西亜種、関東亜種の分布図による線引きを見たことがありますが、今も変わらない位置に大体の線引きがあるのでしょうかね?いまはもっと東京に寄っていたりなどはしないのでしょうかね?
自分で調べれば良いのでしょうが、そこまで入れ込む自信もないです。

ちなみにカバイロシジミについて道南から札幌に向かって♂の辺縁の黒帯の幅がどうなるのか調べたことがあります。道東に向かうに従い黒帯が次第に細くなるのではなく、突然ある場所で細くなるような印象です。そのある場所を特定するまでに至りませんでしたが。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1893-fa384389