京都のキマリンの副産物として、出ているだろうと思われる滋賀のウラナミジャノメを見てきました。
当日は暑くなる予報でしたので、活発になる前に終了したい気持ちで、早朝に出発でした。
現地に着くとこんな場所? なんだか古里の小林市を思い出しました。
IMG_2130-mod.jpg

居るのかと思っていると直ぐにkenkenさんのお声が!
DSC_0383.jpg
♂は容易に複数が居りました。

羽化直後と思われる♀も。
IMG_2155.jpg

マクロです。
DSC_0413.jpg

この♀をしばらく追います。噸では止まるの繰り返しをするのですが、静止直後に何回か開翅します。そこを狙って撮りました。
DSC_0399.jpg
蛇の目紋の周辺の白が良い感じです。

吸水に来た(枯れ草の水分)♂の開翅も撮れました。
DSC_0428.jpg

このポイントの個体数はきわめて多く、この感じだと秋はどういった数なのか凄く興味深いです。
ご案内頂いたkenkenさん、良いものを見せて頂きありがとうございました。

今週末は新潟へ行ってきます。沢山見れると良いのですが。

追記:ご近所さんにご迷惑かかりそうと、ご指摘がありましたので、画像を修正しております。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1723-cd3ce323