今回のベニガラ撮影は昨年に続き2回目です。
初回の時は正直言いまして撮れる気はしませんでした。それでも皆さんの協力を得て、何とか出会いがありました。
今年は初めての流れ紋へ挑戦でした。
お目当ての場所は午後に残すことにして、別へ走ったのですが完敗。そしてある場所へ行ってみたところ、なじみの顔が見えました。「そこに♀が居る」と教えて頂いたのですが、気にもせず♂を撮っていました。「紋が流れている」の一言で我に返り撮ったのが速報の絵です。
これからは翌日の絵になります。
そうそう見られる訳でもないと思いながらも居ることは確実な訳ですから、期待して早朝から待ちました。
すぐに♂がちらちら飛び回り始め、そんな中に昨日見た♀も出てくれました。
DSC_1380.jpg
派手な紋流れですね!感動です。

こんなスタイルでがんばっている同行者です。
IMG_1955.jpg
アバウトな撮影になりますので難しいようです。

何頭もまう♂のほとんどはこんな個体です。
DSC_1398.jpg

しかし中には紋流れの♂が1頭居りました。おそらく1頭です。出現確率はかなり低いと思われます。どなたか頻度をご存じでしょうか?
DSC_1397.jpg

今回の旅は運良く♂♀の紋流れを見ることが出来ました。
後は新しいポイントの発見でしょうか?来年の課題です。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1717-8c1f653b