ヒメシジミの紋流れは初めて見ました。これまでかなりの個体数を見ているはずですが、初めてでした。昨年7月の長野県での絵です。
この個体以外は絵のような普通のヒメシジミでした。
ヒメシジミ♂ 01

問題の個体は両面とも軽いですが紋流れがあり、左右で流れ方が違っています。
ヒメシジミ♂ 10

ヒメシジミ♂ 03
何が原因で出来るのでしょうかね?遺伝子?温度?面白いものですね!
屋外で出会うとどきどきします。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1687-d07ec28c