クロコムラサキ、九州に住んでいた頃が最後の出会いです。おそらく25年ほど見ていません。
南九州でしたので、見る機会は多かったです。普通種と思っておりました。

今回の遠征ではクロコムラサキを見ることも目的でした。
樹液が出ているかどうかが、成功の鍵でしたが、何とか集まりそうな木がありました。毎年出るとは限らないから運次第になりますね。
最初の♂は遠くの樹液に止まっておりました。これは難しいと別の木で待っていると、この個体がやって来ました。
♀のようです。
DSC_7078.jpg

V字の隙間から、ちょっとだけ表が確認できました。
DSC_7076.jpg

その後も数個体が入れ替わり立ち替わりでやって来ます。同時に見られたのは2頭だけです。少ないのでしょうね。
♂もやって来ました。うっすらと紫色が分かります。
DSC_3483.jpg

DSC_3480.jpg

♀も全開で撮影できるチャンスがありました。
DSC_3377.jpg

どうにか♂、♀も比較的綺麗な個体を観察できて、今回の遠征も外さずに済みました。
theclaさん、今回もありがとうございました。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1655-03e85aa1