6/22に京都へ行ったときの絵です。キマリンの時間まで観光をしていました。今年の1月の「斜めの会」の時に、
kenkenさんに勧められていた観光スポットです。
中は国宝などいろいろで撮影は禁止でしたので脳裏に焼き付けました。でも寂しいと思っていたら、帰る間際にこの蝶がやってきました。絶好の被写体と思い撮り始めました。
良い雰囲気でした。曼殊院のウラギンシジミです。
ウラギンシジミ♂ (20130622 曼殊院)03

閉翅すると石とセメントに溶け込んで分かりにくいですね。
ウラギンシジミ♂ (20130622 曼殊院)06

しばらく撮っていると受付の女性が何しているのだろうという眼で見ておりましたので、「蝶が居て、それを撮っていました。」と説明すると、昨日もここに来ていたそうです。
単にウラギンシジミですが、環境で趣が変わるものですね。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1648-5cbc1371