2013.07.09 長野のアサマ
実は真性アサマを野外で見たことも無く、大変楽しみにしていたのですが、最初の場所で土砂降りに遭い、そちら方面は無理と判断しての移動でした。私はてっきり山梨と思い込んでいたのですが、GPSのデータから長野と分かりました。
イシダシジミは激減して絶滅が近い状態ですが、本州も安泰ではないようですね。
移動後最初の場所では見ることが出来ず(見たのですがネットインされました。これは発見者がそちらの方ですから仕方ないです)、移動後もだめ、そして最後に数頭を見ることが出来ました。
厳しいですね。場所によっては個体数も多いのでしょうが、少なくとも数年前まではまだ見ることが出来たポイントが今は居ないようなので、やはり少なくなっているのでしょう。
そんな実情もあり、今回は広角映像は公開しません。
擦れていますが、真性アサマも居りました。
アサマシジミ♂ (2013 長野県)02

個体数が少なく、青い個体が多いのか少ないのか分かりませんが、この個体は綺麗ですね!
アサマシジミ♂ (2013 長野県)42
個人的には北海道の淡い青より、この深い青の方が好きですね。

裏面も。
アサマシジミ♂ (2013 長野県)50

今回の遠征でちょっと気になったのは「長野県希少野生動植物保護監視員」なる腕章を付けて採られていた方が居たことです。確かにアサマは対象にはなっていませんが、そのポイントは激減していたようで、希少には変わりないと思いましたが、いかがな物でしょうか?腕章は誤解を生みそうなので、付けていない方がまだ良かったかな。
勘ぐると、いけない場所であの腕章を使い採っているのではと思ってしまいます。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1618-83ef2bb1