先日実にショックな光景を見てしまいました。

ここの小さなスペースがしっかり整備されてしまいました。
IMG_7466.jpg

実はこのポイント、2004年頃まではイシダが沢山居りました。2006年の絵ですが、整備される前はこんな場所でした。
生息環境 (2006.06.11 北海道河西郡更別村)

ここのイシダが激減したのはある標本商の採り子Nが毎日通い、幼虫を数百も採取してからです。そうなるとじり貧になってきて、少ない個体数はさらに減少しました。
いなくなる前にと撮った絵が以下のものです。
真ん中に終令幼虫がいます。後ろの車は私のもの。
イシダシジミ終令幼虫 (2006.06.25 北海道河西郡更別村)05

♂です。電柱が見えています。
イシダシジミ♂ (2007.07.07 北海道河西郡更別村)14

♀です。ガードレールが写っています。
イシダシジミ♀ (2007.07.07 北海道河西郡更別村)03

同じく♀です。後ろを車が通過中です。この手の写真はこれまで封印しておりました。
イシダシジミ♀ (2007.07.07 北海道河西郡更別村)09

次第に少なくなったイシダは2009年には確認できなくなりました。2010年も見ていません。

何気なく立ち寄った2011年7月3日、なんと2頭を目撃。
そのうちの1♀です。
イシダシジミ♀ (2011.07.03 北海道河西郡更別村)06
そしてここでの最後の個体になってしまいました。環境が壊されたのでは回復のしようもないです。
まさかこうなっているとは知るはずもなく、幼虫の確認に出向いて分かりました。
何とも悲しい光景でした。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1453-7b17c728