2011.12.01 標本整理
ずいぶん昔にも一度標本整理をしたことがあるのですが、今回は規模が違います。
興味ない蝶や、複数頭あるものは最小限にしようと思ってます。
東南アジアで採集した標本で、ラベルが曖昧になったものは既に処分しました。
なんやかんやで今日までに10箱程度廃棄しました。おそらくは半分以下になると予想しています。
娘の部屋にまで広げ、私の部屋もこんな風になっています。
CIMG6410.jpg

CIMG6411.jpg

整理している標本の中に懐かしい箱を見つけました。
2002年に子供達の夏休みの作品として春頃から作らせた標本です。完全に子供達に展翅させました。
相当無駄が出たことを覚えています。採集も自分たちにさせました。
この箱は大切に保管したいです。
まずは娘の箱。
CIMG6412.jpg
ナガサキの♀は立派かな?ミヤマセセリを採っていたようですね。これでクラス内の賞をもらったようです。

次は息子の箱。
CIMG6413.jpg
こちらにもミヤマセセリが入ってます。広島でそんなに沢山いる場所あったかな?
二人ともウスバが2頭ずつ入ってますが、採りやすかったのでしょう。

今になってラベルを見ながら見直すと、なかなか面白いです。

でも二人とも最終的には私とお付き合いしてくれませんでした。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1354-64705905