北海道のツバメシジミ春型♀は青がよく出ることで有名ですが、個体差が激しいです。
今年の春の被写体を中心に掲載します。

この個体は5/28音更町のものですが、青みのかなり弱い♀です。こんな個体も居ります。
ツバメシジミ♀ (2011.05.28 北海道河東郡音更町)

次は6/3の幕別町で撮影した♀ですが、この程度の青い個体が一番多いように思います。
ツバメシジミ♀ (2011.06.03 北海道中川郡幕別町)

さて春型ではこれがウルトラ級に属すると思います。6/4の音更町のものです。
ほぼ全体が青いです。
ツバメシジミ♀ (2011.06.04 北海道河東郡音更町)
印象ですが、6月初めから中にかけて見つける♀は特に青いようです。つまり遅く出た♀でしょうか。

最後は7/25に帯広市内で撮った夏型♀です。
ツバメシジミ♀ (2010.07.25 北海道帯広市)
夏型でもこの程度青い個体が時々居ります。
さすがに全面に広がる個体は居りませんでした。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1347-5c89d8b9