数年前に一度、オオヒカゲの訪花を見たことがあるのですが、多くはなさそうな事例のように思います。
ここ数年、オオヒカゲは少なくないので、個体数はそれなりに見ることが出来ます。
8/27-28の時期ですら、音更の林道など、そこそこ飛んでいました。
ほとんどが擦れた♀ですが、開翅も見せてくれました。
オオヒカゲ♀ (2011.08.28 北海道河東郡音更町)01

別の場所でオオアワダチソウに止まっている個体をしばしば目にするので、ゆっくり近づいて撮影です。
この絵は時間が無く広角で撮ったものから切り出しです。ぼんやりですがストローが写っており、間違いなく吸蜜です。
オオヒカゲ♀ (2011.08.27 北海道中川郡)01

もう一つははっきりとストローが見えます。こちらも吸蜜です。これも場所が違います。
オオヒカゲ♀ (2011.08.28 北海道河東郡音更町)03

意外とオオヒカゲの吸蜜は珍しくないのかもしれません。
あるいはこの時期だから♀がほとんどで、♀は吸蜜することが多いのかもしれません。

オオアワダチソウにはいろいろな蝶がやって来るので、間違いなく魅力的な吸蜜源なのでしょう。

最後に乾燥した私の車のタイヤでストロー伸ばしている個体も居りました。
オオヒカゲ♀ (2011.08.27 北海道中川郡)06
何があるのでしょう?

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1317-a0d10624