本州以南では普通に見られる蝶ですが、北海道では事情が異なります。
それでも道南では見る機会がしばしばありますが、北に向かうに従って珍しい蝶になります。札幌では年に何回か見ることもあるようです。
道東ではどうかというと、平成5年頃に私が採集した個体が10年ぶりの記録だったそうです。その後、再確認されているのかどうか分かりません。
道東では珍なので、活動の中心がそこである私にはなかなか撮影のチャンスがありませんでした。時々札幌方面へ出かけますが、これまで全く出会いはありませんでした。
苫小牧で見られるかもとの情報があり、そちらへ出向くことになりました。
7/24のことです。
さてポイントなんていうことも無い道路脇です。
一巡してみましたが姿なしでした。ところがようやく見つけた1頭の後は、次々に目に飛び込んできます。見慣れたためでしょうか?
2004年のシーズンを最後に見ていなかったキマダラセセリに再会できたの、何とも嬉しかったです。この気持ちはちょっと道外の方には理解できないかもしれません。
DSC_3543.jpg

DSC_3553.jpg

飛翔も何とか当たってました。
キマダラセセリ♂飛翔 (2011.07.24 北海道苫小牧)01

キマダラセセリ♂飛翔 (2011.07.24 北海道苫小牧)02
久しぶりに見る猛スピードのキマダラセセリでした。


非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1298-210a0a20