GPS
GPSを導入してからは、撮影場所が正確に分かるようになりました。地図上に表示されるからですが、実はその地点名を正確に私が読み取っていたかどうかが問題になりました。

普段使っている地図を表示させるソフトは「カシミール3D」というものです。国土地理院の「ウオッちず」を読み込んで1/12500で表示できます。
カシミール
見たら分かると思いますが、細い道と町村の境界線が非常に見づらいですし何処が境界なのかもはっきりしません。これを感覚的に使っていたのだから間違いも起こりやすいです。
GPSデータ付きの写真を放り込むと、撮影ポイントが直ぐに分かること、GPSとのデータのやりとりができることで重宝しています。

「Google MapやEarth」も使ってみるのですが、絵のように境界線が不明です。
google map

年を取ると頭が固くなって、他に良い地図ソフトがあっても何時ものソフトで終わらせてしまいます。
今回偶然に「Mapion」というサイトを開いてみました。
そして十勝が丘を見てみると、この絵のように境界が一目瞭然です。
mapion map

ここのテレビ塔周辺は池田町だったとは思いもしませんでした。
私の記録は音更町十勝が丘になっています。十勝が丘の名称をその辺の地名と考えるとおかしくはないですが、正確ではないですね。

「Mapion」は良いことばかりでなくて、GPSデータの表示が出来ませんので、他のソフトで位置を正確に確認して、「Mapion」と比べる作業が必要になります。
それでもこれまでよりは地名が正確に分かります。

ちなみに幾つかのポイントを調べてみると、いい加減な地名で記録しているものがいくつも見つかりました。
これまでのデータを書き直すのは大変なので、何時の時点か正誤表を作らねばならないようです。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1269-9c20c69d