今日はキノコの話です。
今年は全国的に猛暑であったため、キノコが沢山出ているそうです。
報道されているように毒キノコが紛れ込んでいるのが問題です。
私は毎秋に師匠に連れて行ってもらうことが多く、稀に一人で行っても知っているキノコ以外には手を出しません。

北海道もキノコが豊作なのでしょう、職場敷地内に鮮やかな色彩のキノコが結構出ておりました。
それがベニテングダケです。
IMGP0331.jpg

傘が広がったものは20cm弱はありそうでした。この写真にはその他にも写っています。
IMGP0332.jpg

これまでの私のイメージでは猛毒キノコの一つだったのですが、地方によっては食する所もあると聞きます。ほんとだろうかと調べたのですが、実は猛毒というのは誤ったイメージで、毒があるにはあるが、さほど強くないというのが事実みたいです。
派手な警戒色の赤なので猛毒のイメージが植え付けられたのでしょうね。

さて、その中毒症状は嘔吐、傾眠、幻覚などで1日以内には消失するようです。
長野では塩漬けにて食するらしいです。
だからといって、食べようとは考えないでくださいね。責任はとりません!

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1146-cdc169b5