リンクでも紹介していますが、「エゾリスの会」という帯広の自然観察団体が主催している「モニ1000チョウ調査」に初参加してきました。
場所は「帯広の森」ですが、この公園はちょっと複雑で、半分ほどが帯広市、残りは芽室町に属します。スケート場や野球場などの施設がある方はほとんどが芽室町になります。でも名前は「帯広の森」。その内にいきさつを調べてみたいですね。

「モニ1000チョウ調査」は観察ポイントが決まっていて、そのルーと上を幾つかの区画に区切って、そこでの目撃蝶(極力網で捕獲し確認)の種類と頭数を記録していくものでした。月2回開催されているそうです。
そのルートの距離はおよそ3kmで、半端ではありませんでした。
300_4683.jpg

嬉しいのは小学生も参加していたこと。
300_4684.jpg

なかなか立派なカシワ林でしょう。でもゼフに関しては微妙です。実は植林された林なのです。
種名は不明ですが、♂の光り物ゼフを1頭は目撃しています。
来年はシーズン中に来てみたいですね。

それにしても暑かったです。20℃後半から30℃近くで湿度も高い1日となりました。晴れて良かったですけどね。

今回のモニタリング、非常に面白い観察が出来ました。

林内にはこんな巣が。
DSC_0788.jpg
知らずに触れたら大変なことになります。

蝶で興味あったのは何種かあります。
まずはアカマダラ。こんな街中に居るとは驚きでした。
IMG_5277.jpg

歩いているとナガボノシロワレモコウが割とあります。もしかしたらゴマが居るのではと尋ねると、結構居るとのこと。これも来年はと思っていたら、居りました。但しぼけております。
300_4746.jpg
帯広市内のゴマ、貴重ですね。

ルートが芽室町内に入りました。
ここでは沢沿いに良い環境があります。
メンバーの一人がシジミを発見。オナガシジミでした。
IMG_5281.jpg
実は私も今年初見になります。

そして最後にこの蝶が。
DSC_0802.jpg
ヒメウラナミジャノメです。
なんて事ない普通種ですが、実はなかなかの記録です。
これに関しては明日ゆっくり書きましょう。

その他、エゾヒメシロも飛んでいました。

汗だくになりながら約2時間強の調査でした。
一年通して観察すると面白そうな感じです。
来年の定点観察に加えてみようと思っています。

メンバーの皆さん、本日はお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1105-82f6e51d