毎春に必ず見るコツバメですが、意外にも交尾や産卵と言った場面を観察したことがありませんでした。
注意をしているとチャンスもやってくるのかもしれませんが、この蝶にそこまでの執着もなく、これまで偶然のチャンスもなかったわけです。
ところが今年の6月下旬、ついに産卵を観察することが出来ました。
ミヤマカラスなどのアゲハを撮影に行ったツツジに日光浴するかなり擦れた♀を見つけました。
コツバメ♀ (2010.06.19 北海道河西郡)

しばらく観察を続けてみると、なんと産卵場所を探し始めました。
コツバメ♀産卵 (2010.06.19 北海道河西郡)06
普通ならつぼみに産むのだと思いますが、この個体は花弁の付け根に産卵しておりました。
同じ動作を何度も繰り返していましたので、花に産卵すると言うことなのでしょう。

非公開コメント

TrackBackURL
→http://erebia.blog79.fc2.com/tb.php/1101-767ca4fb