先日の日曜にコンビニから歩いていると、比較的綺麗なウラナミシジミ♀が吸蜜していました。
ウラナミシジミ♀
ごく軽いですが低温型の傾向がありました。

表は期待したほど青が広がっていませんでした。
ウラナミシジミ♀04

これまでまだ完全な低温型を見たことがありません。この時期になると余り探さないからでしょうね。
先日のルーは天気に恵まれました。気温は低めでしたが雲が全くなく帰るまで陽が差していました。
これまでで一番の晴天だったと思います。お陰様で撮影機会が沢山ありました。
今回は開翅のオンパレードです。
PB250188.jpg

脚立でも。
PB250217.jpg

最近チャンスがある時は撮っているシルエット。
PB250214.jpg

以下、すべて開翅。
PB250313.jpg

PB250917.jpg

PB250890.jpg

もしかしたらこの個体は♂かも。
PB250992.jpg

PB251144.jpg
石垣以来、久しぶりに遠出しました。
何時ものようにtheclaさんに誘われて行ってきました。気温は低いのですが天気が良く良かったです。
不完全ですが集団開翅。
PB250103.jpg

飛翔も初の挑戦です。
PB251286.jpg
2017.11.23 キーケース
Fiat 500xのキーは最近の車らしく、キーはスマートキーになっています。ポケットに入れておくだけで良いので、キー操作をする必要はありません。そこでキーケースを購入しました。メーカーのものも悪くはないのですが、折角ですから他と違うものを探しました。
行き着いたのがこれ。
PB220001.jpg
丁度、ぴったりでした。左は嫁のもの。

img20171123_09212651.jpg
オーダーすると1週間ほどで着きました。
こんなには寒くなかった11月初めの近所での蝶たちです。
畑の花に来たヒメアカタテハ。数頭おりました。その中から飛翔を。
ヒメアカタテハ♂飛翔 06

モンシロチョウもまだ多かったです。これも飛翔を。
モンシロチョウ♂飛翔 05

さすがに数が少なくなってきたウラナミシジミです。綺麗な♀でした。
ウラナミシジミ♀ 02
こちらは飛翔を撮ろうとした途端に逃げられました。
こう寒い日が続くとまた南の暖かい場所へ行きたくなります。
納車の時にお守りが付けてあると気づいてはいたのですが、よく見るとお洒落なサービスです。
PB180001.jpg

先日裏を初めて見ました。
PB180002.jpg
長谷寺のお守りでした。
この蝶も割と小さいですね。昨年の与那国島では各地に沢山いましたが、石垣では余り見ていません。
西表では探したことがありませんでしたので、状況は知りませんでしたが、今回はタイワンヒメシジミと伴に沢山見ることが出来ました。
吸蜜する♂です。
ヒメシルビアシジミ♂ 06

ヒメシルビアに誤求愛中の♂。
ヒメシルビア♂_タイワンヒメ♀ 01

ヒメシルビアの飛翔です。
ヒメシルビアシジミ♂飛翔 20

もう1枚。
ヒメシルビアシジミ♂飛翔 26

ついでにタイワンヒメシジミの飛翔。
タイワンヒメシジミ♀飛翔 01
TranscendのSDカードが亡くなりました。残念ながら永年保障の始まる前のカードですので、仕方ないです。
PB180003.jpg
TG-3でのスナップ写真用でしたので、今回は余っている8Gの他のカードを使うことにしました。
今回で2回目の不良事故です。
石垣島でも居てくれると嬉しい蝶ですが、西表だけなのでしょうか?
毎回、帰宅後に残念に思う撮影結果で、次回はきちんとと思うのですが、やっぱり大きめの蝶に目が行ってしまい、また同じ結果になってしまいます。
今回は台風の影響で移動も余りしませんでしたので、西表でゆっくり撮りました。ヒメシルビアとの混生地でした。
食草は豊富で個体数も多かったです。
タイワンヒメシジミ♂ 03

テリを張る♂。
タイワンヒメシジミ♂ 08

開翅してくれました。
タイワンヒメシジミ♂ 12

食草での吸蜜も見られました。
タイワンヒメシジミ♀ 07

このての小さいシジミチョウは視力低下が次第に強くなる年齢には厳しいですね!
2017.11.11 Fiat 500x
以前、Facebookに大きな買い物をしたと書きましたが、それは介護ロボではなく車でした。犬と母のために購入した車はFiat 500xというコンパクトRV車です。さすがに2シータの車では何処にも連れて行けないですし、かといって手放すつもりもなかったので中古で追加購入でした。
顔はよく走っている500と同じです。
PB110004.jpg
光の加減でピンクぽく見えるかもしれませんが赤色です。

嫁の車になります。私も赤、嫁も赤を選んだわけではなく、中古で選択肢が少なかったからです。
PB110005.jpg

PB110006.jpg
室内にまでボディー色を使っているのが新鮮です。ヨーロピアンな感じです。

シートはブラウンの皮でした。ヒータ付。
PB110007.jpg

実はイタリア人はナビを付けることが少ないようで、標準ではナビは準備されないそうです。この車はショップがナビを取り付けていました。価格は30万円ほどだそうです。元々のコンピューターは荷台の下のテンパータイヤの上に固定してありました。
PB110008.jpg

元オーナーは車いじりが好きだったようで、マフラーもスポーツマフラーへ交換してありました。
PB110009.jpg
元オーナーさんは実はFiatの販売店の社長さんでしたが、なんとルノーへ方向転換したため、手放すことになったそうです。この車、ルノーで購入してきました。

ホイールは嫁の希望で黒へ塗り替えてもらいました。
PB110010.jpg

車検証入れもドイツのものとは違い、ちょっと洒落ていました。
PB100003.jpg

母を何処かへ連れて行こうと思ったのですが、認知症のために他の人の迷惑になりそうで、一寸躊躇っているのが現状です。
これからはナビデータを移植したり、電球をLED化するなど、冬場は時間を潰せそうです。
2017.11.09 マダラチョウ
天候が悪かったせいかもしれませんが、リュウキュウアサギマダラ、スジグロカバマダラ、ツマムラサキマダラがかなり少なかったです。通常は嫌になるほど飛んでいるのですが、数頭見ただけでした。
意外にもこれまで少なかったヒメアサギマダラがそこそこ飛んでおり、これも何処でも見ることが出来ました。
ヒメアサギマダラ♂ 17

ゆっくり吸蜜していたので撮影も容易でした。
ヒメアサギマダラ♂ 01

いつでも撮れると思っていたツマムラサキマダラ。貴重な絵になりました。
ツマムラサキマダラ♂ 01

どうにか飛翔も撮れました。
ツマムラサキマダラ♂飛翔 05

オオゴマダラは全く見られず、シロチョウも極端に少なかったです。タイワンキチョウくらいでしょうか、普通に飛んでいたのは。
2017.11.07 コノハチョウ
この蝶との再会は嬉しかったです。初の石垣遠征以来でした。
前日の夕方に足下から飛び出し、残念ながら目撃だけでした。翌日、様子を見に行くと居てくれました。
幹に止まるコノハチョウ。よく溶け込んでいますね。
PA282525.jpg

近づきすぎて飛んでしまいましたが、藪の中で再発見できました。
PA282532.jpg

我慢比べをしていると、僅かに開翅してくれました。新鮮な個体でした。
PA282534.jpg

嫌がられて飛びましたが、天候のためかまた近くに静止。LEDを使い撮りました。
PA282563.jpg
綺麗な裏面模様でした。
この数年では多い年のように思います。今年は各地で見ることが出来ました。
初めて見る産卵。一寸暗い。
PA272477.jpg

逃げないことが分かっていたのでLEDライトを取りに戻り撮影。
PA270033.jpg

風がかなり吹いており枝だが大きく揺れていましたが、母蝶卵の上に陣取っていました。

翌日、また様子を見に行くと、さすがに母蝶は居りません。凄い数の卵です。
PA282524.jpg

母蝶を近くの木で再発見。
PA282521.jpg

最終日の晴れの日も数頭を目撃しました。もしかして紫の輝きを撮れるかもしれない個体。
PA292979.jpg

しばらく粘りながら追っていると、ようやくチャンスが来ました。
PA293057.jpg
綺麗でした!
台風が過ぎ去ろうとしていた翌日は晴天でした。残念ながら時間は11時まで。
比較的近場の林道を流しました。
早めの時間帯が良かったのか初めて静止しているアゲハ達を見ました。
ヤエヤマカラス♂
PA292814.jpg

ヤエヤマカラス♀
PA292852.jpg

クロアゲハ♀ 残念ながら有尾
PA292882.jpg

ベニモンアゲハ♀
PA292889.jpg

ジャコウアゲハ♀
PA292976.jpg
今回の目的の一つは、ハマヤマトシジミを昨年に続きもう一回撮影することでした。
3島をを調べましたが、確認出来たのは2島です。一回の調査で居ないと言うことは難しいので、確認出来なかったとしておきます。
撮影出来た2島の写真を掲載します。何かとうるさいこの頃ですので、詳細な事や広角での絵は掲載しません。ご了承ください。
昨年のハマヤマトシジミは♂だけでした。今回は♂はすれすれの状態で♀の時期でした。
すれすれの♂です。
PA260006.jpg

新鮮な♀。
PA260335.jpg

産卵していました。
PA260010.jpg

飛翔にも挑戦しましたが、これは撮っても難しい!
PA260080.jpg

別の場所でも確認。でも残れる場所かは不明。
PA260420.jpg

別の島での絵。ここでもは擦れた♂を確認。
PA282801.jpg

3島での確認は出来ませんでしたが、八重山列島に今年も居ることが分かりました。
迷蝶?土着?どちらでしょうかね?