我が家の付近にもようやくイチモンジセセリがやって来ました。チャバネセセリはまだ見ていません。
イチモンジセセリ♂ 01

イチモンジセセリ♂ 02
眼の状態が落ちついてきたので、今回の経緯や原因をまとめました。

網膜剥離は網膜裂孔から生じました。一番多いのは眼の外傷が原因だそうです。ボクサーみたいな職業の人は危ないようです。
私の場合は近視が原因でした。近視の眼は前後方向へ延びており、卵みたいな球体になっているそうで、網膜が引っ張られている状態のようです。そこへ来て硝子体が年齢的に萎縮すると網膜が更に前後に引っ張られて、一番弱いレンズ付近の部分に孔が開き、そこから眼球内の液漿成分が入り込んで網膜を剥がしていくようです。孔が開いた時点ならエーザーで孔の周囲を囲んでしまえばOKですが、剥がれてしまうと手術しか無さそうです。

発端はH14年9月の網膜裂孔です。1ヶ月前から黒いゴミが目の前を舞っていたので、広島県立病院を受診したら網膜裂孔の診断で、その日の午後に光凝固を受けました。12月には怪しい部分があるとのことで、その時は予防的に焼いて貰いました。
その後、今年の5月までは何も起こっていません。
5/7の午後、これまで気にならなかった黒いゴミ気になるようになり、黒いレースのカーテン状のものが舞っていました。これは網膜のゆがみだったようです。その日の眼科受診では新たな孔は無いとの診断でしたが、初期で分からなかったのでしょう。夕方には灰白色の円盤状の物が沢山舞い始め、しだいに数が多くなると伴に霞がかかったように見えなくなってきました。さすがにこれはおかしいと思い、翌日には勤務先近くの眼科を受診しました。円盤状の物は出血した赤血球だったようです。裂けた網膜からの出血で、いわゆる硝子体出血を起こしていました。勤務先傍の眼科ではレーザー治療は出来ないとのことで、系列の眼科を紹介されて、5/9にレーザーによる光凝固を受けました。
6月の末にやはり硝子体出血で曇ってきたため、自宅近くの眼科で光凝固を受けました。経過は良好でしたのでこれで終われるかと思っていたのですが、7/15にひどい硝子体出血が起こり(東御遠征中)、7/26の朝から褐色のセルロイドの様な膜が左上方から下がってきました。これが網膜剥離だったのです。黄斑部まで及んでいたら高度の視力障害を残すところでした。
もう術後4週間は軽快しており、9月からは飛行機や高山帯も問題ないようです。

黒い点状ののゴミは加齢現象でも見られるとのことですが、線状やレース状など多彩なゴミは網膜裂孔かもしれませんので、眼科受診が必要です。霞んできたら出血ですので直ぐに受診すべきです。
相変わらず自宅での蝶です。
明日で術後4週間。おそらくもう心配はないと思います。来週の週末に受診し、メガネの処方箋をもらう予定です。
それまでは無理をせず蝶の撮影は自宅近辺のみです。思い通りの撮影が出来ずにストレスが溜まります。
自宅の庭にツマグロヒョウモン良く来るようになりました。
P8100009.jpg
何を意味しているかと言いますと、もう秋が来つつあるということです。
イチモンジセセリはまだ来ていませんので、本格的な秋はまだですが。

7月中旬以来、遠征は出来ていませんし、残念な夏になりました。後日、笑い話に出来ると良いです。
久々に車にアラームが点きました。しかも2個も。
まずはこれ。
P8190003.jpg
右リアの空気圧減少。パンクを意味しています。ディーラへ持ち込んだら、ホイールのバルブに亀裂が出来ており、そこから空気漏れしていると。ホイールは純正でないためホイールの販売店で相談するように言われました。

電話すると販売店ではバルブは注文になるが、他のホイールのセットがあり、そのバルブを先に付けるとのことで無事に修理が終了。
P8190005.jpg
ネジ山の昼間くらいから漏れていたようですが、どうしてこの辺に損傷が起きたのか不思議です。

もう一つのアラームはこれ。
P8190004.jpg
エンジンオイルがレベル以下になっているとの表示。普段、面倒見の悪い私には最適のセンサーです。エンジンオイルなどチェックしたこともないです。

解決策はオイルを入れること。何故か持っているカストロール。
P8190006.jpg
実はBMWはしばしばエンジンオイルが少なくなるので購入していました。ディーラへ持ち込めば直ぐに補充してくれますが(保障期間の3年あるいは5年内は無料)、いちいち持ち込むのが面倒です。これまで3台乗り継いでいますが、どの車種もこのアラームが出ました。

こんなことをしている内に昨日は時間が潰れました。
静養中に暑い日が続きました。
熱い物は食べたくなかったので、CMでやっていたサッポロ一番塩ラーメンを冷麺で食べてみました。
普通に乾麺を湯がき、冷水で締めます。ラーメンの汁はいつもより半分の水で溶かします。
そこにとまと、タマネギ、ピーマン、ツナを適量入れました。野菜はオリーブオイルをまぶしました。
完成が下の絵です。
P8010008.jpg
インスタントの割には結構いけましたよ!
自宅の裏の日当たりの悪いところにコナラの幼木があります。
こちらへ来た最初の春である2013年3月に石砂山付近で拾ってきたドングリを鉢に置いていたのですが、これがなんと芽吹きまして鉢植えを続けておりました。鉢を使うからと嫁から言われて、ここなら良いかと植えた苗。環境が悪いので4年過ぎても50cm位でしょうか。機会がある毎に「こんな物をここに植えて、取れなくなったらどうするのか?」と言われている幼木です。
P8130011_1.jpg

アブラムシと蟻が生活しているのは知っていたのですが、昨日のヤマトシジミの撮影時に何気なく見てみると、食痕が見つかりました。
P8130012_1.jpg

蛾でも増えたら困るので正体を探したところ、ムラサキシジミの幼虫が4-5頭見つかりました。
P8130011.jpg

本種の蛹を見たことはないので、今日は早速根際を整備し観察しやすくしました。まさかこんな劣悪な環境のコナラに産卵していたとは思ってもみませんでした。今後が楽しみです。
2017.08.13 自宅の蝶たち
術後2週間は経過しましたが、まだ眼内からガスが完全に抜け切れていません。ゆらゆら動いています。ほぼ完全に消えるまでは無理はするなと主治医から言われておりますので、じっと大人しくしているのは苦手ですが我慢して療養しています。
それでも自宅の庭なら多少の撮影は良いだろうと思い、7/15以来、初めてカメラを持ち出しました。
1年を通すと庭にもそれなりに蝶がやって来ます。吸蜜源としてランタナを植えてありますので、アゲハ類もそれなりに来るのですが、今日はダメです。
浄蓮のヤマトシジミを探してみると、さすがに居りました。しかしガスのため目で追うのが大変です。
P8130007_20170813142538223.jpg

たった1頭だけかと思っていたら、交尾個体を発見!
P8130010_1.jpg

近づきすぎて、一度飛ばれましたが大丈夫でした。
P8130005-1.jpg

この後、思いがけない物を見つけたのですが、ネタ探しに苦労するこの頃、また明日にでも書きます。
新しいネタが無いので6月のアサマの時のネタです。
夏が始まったばかりのようで、いろいろな種が出初めでした。
コヒョウモンもびかびかな個体ばかりでした。
コヒョウモン♂05
この個体は1時間以上動きませんでしたので、羽化直後だったのでしょう。

タンポポでの吸蜜。
コヒョウモン♂32

ホシミスジも完品。
ホシミスジ♂06

ヒメシジミはもっと早くから出ていたのでしょう。鮮度は様々でした。求愛シーンーをプロキャプチャーで撮影。
ヒメシジミ求愛10
♀は拒否のようです。
ヒメシジミ求愛15

網膜剥離手術から明日で2週間になります。まだ眼内のガスは消えてはいません。ガスがほぼ無くなるまで無理はしない方が良いと主治医に言われていますので、自宅で療養していますが、さすがに退屈になってきました。
そこで自宅でも購入できる通販で、しばしばトラブっていたタブレットの入れ替えをしました。
メーカーは同じでASUAです。ZenPad 3 8.0にしました。
P8090003.jpg
Androidも5から7に変わり、多少戸惑っています。

これまでの機種より幅が2cn位大きいようです。上が旧型です。
P8090004.jpg

使えるように準備しますが、それなりに時間を潰せそうです。
これもまだ眼が生きていた時の物です。
狐の糞にヒカゲ達が沢山群がっていました。
P7150006.jpg

このまま通り過ぎて目的の蝶を撮っていました。帰りにそこを通るとまだ居ました。
そこでプロキャプチャーを利用して撮ってみました。地面をドンと!
P7152638.jpg

P7152644.jpg

P7152645.jpg
ヤマキマダラヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、クロヒカゲの3種です。
蝶ネタでなく網膜剥離でもネタを作れるとは思っていませんでした。
緊急手術での医療費は3割負担で15万ほど。つまり50万円はしたわけです。
当日、お支払いはと15万円を言われても持ち合わせていませんでした。「さすがに今はありません。」と答えると「ですよね、少しでも良いのでお願いします。」と言われたので、3万円は払いました。
帰るときにこんな手提げ袋を渡されました。
P7290001.jpg

高額な医療費ですので、お土産を頂いたと思いました。帰宅するまで確認することもなく帰りました。
「お土産もらった!」と言って開けてみると、こんな物が。
P7290002.jpg
うつ伏せ用の枕でした。しかも貸与です。
この枕と伴に地獄の数日を過ごしました。うつ伏せ、左側臥位の姿勢です。

自分の網膜剥離がどんな風に見えているのか分かりませんでしたが、写真を頂きました。これは紹介状を書いてくれた眼科での写真です。
img007_20170806165523fc4.jpg
白で囲んである部分の淡く鎌錠に見えるところが避けた網膜です。ここより上の部位にもう一つ大きな裂け目があると言われました。こんな感じで見えるようです。
2017.08.05 術後1週間経過
緊急手術から1週間が経ちました。
明日まで待ったら失明すると言われて、考えることなく手術を受けました。自分でも察していたので全く後悔もありません。
その術後の経過を少し記録として書いておきます。
右眼はまだ視力が戻っていません。下の絵のように見えています。
嫁とエマ
硝子体を摘出後はガスを注入して、ガスで剥離部分を押さえるというガスタンポナーゼを受けています。これが次第に房水に置き換わり見えるのでしょう。絵の下の大部分はガスを通してぼけて見えています。上の部分が房水を通して見える範囲です。境界は液面が見えています。不思議と眼の中が見えています。ガスは軽いので本来は上にあるのですが、鏡面像として網膜に写るのでこんな感じです。

手術は1時間ちょっとで終わりました。上半身を着替えて椅子に座らされ、椅子が倒されてそのまま手術でした。顔を動かさないでくださいと言われたのですが、頭部を固定されるかと思えばそれもなく、シーツを掛けられました。
心の準備が出来ていなかったのは、術前の局所麻酔です。球後麻酔といって、細い針で眼球裏側の動眼神経を麻痺させる麻酔です。歯根を麻酔されるのに似た感覚でした。一寸だけ、もう少しだけ痛かったです。
その後は痛みを感じることなく終わりました。さすがに電車では帰れそうになかったので、タクシーを利用しました。
実は、術後が大変です。ガスで網膜を圧迫するため、常に腹臥位あるいは左側臥位(右が破れていたため)の姿勢を保つことが必要で、はっきり言って夜は全く寝ることが出来ませんでした。

翌日は術後の状態をチエックしてもらい眼帯も外れました。ずっと自宅で安静にしていたのですが、術後2日目から眼球結膜が充血し始めました。
P7310007.jpg
当然でしょうね。硝子体を除去して、浮いた網膜をレーザーで焼き付け、最後にガスを注入する操作をされたわけで、間違いなく炎症反応は起こるでしょう。術後の合併症である白内障を予防するために人工レンズを入っています。

この充血も1週間が過ぎてかなり改善してきました。
後はガスが房水に入れ替わり、視力が何処まで回復するかを待つしかありません。もう1週間で大方の流れが分かると思います。