各地で今年の新生蝶の報告が見られますが、個人的には気の早い蝶たちが出ただけで、全体としては昨年より遅い気がするのですが如何でしょうか?
自宅や職場環境周囲でモンシロチョウを見たのは3/28が初めてでしたし、ベニシジミ、ルリシジミなど見ていません。
ミヤマセセリは昨年より早めに見ていますが、その他は全く出会えません。
神奈川のギフも初見以降の報告もないようですので、まだ最盛期には遠いのかなと思っています。
ツマキチョウも出初めでしょうか?
何となく蝶の少ない春ではないかと思ってしまいます。
2017.03.28 エマ
先週金曜に我が家に愛犬が到着しました。遠い福岡からやって来ました。
雌の犬で、前の雄よりずいぶんと大人しいのだろうと思っていたのですが、なんともやんちゃな雌でした。
居間を走り回っています。
P3250007.jpg

これからは仕付け次第なのでしょうね。名前は子供達、嫁が決めて「エマ」になりました。
P3260009.jpg
午前中しか時間がなかったので、先週に続き近場の谷戸へ行きました。もしかするとコツバメやツマキが見られるかもしれないという期待もありました。
結果はミヤマセセリ以外は何も見ることは出来ませんでした。
ミヤマセセリは良い被写体になってくれて、吸蜜写真が撮れました。
まずはスミレ。
P3250004.jpg

この植物は分かりませんが吸蜜していました。
P3250048.jpg

花は見えませんがオオイヌノフグリです。
P3250047.jpg

撮影環境はこんな所です。
P3250041.jpg

折角ですから、設定条件が悪く先週失敗したミヤマセセリの飛翔を撮ってみました。1/4000のスピードです。
P3250301.jpg

P3250314.jpg
どうでしょうか、良い感じと思っていますが。
どうしても苦手だった望遠撮影。
いろいろ試しましたが、結論は明るいレンズでシャッタースピードを稼ぎながら撮影すること、でしょうか。
明るいレンズは良いお値段です。しかも重いです。そんな訳で私の体力では山の上に持ち運べないと判断し、購入することはありませんでした。
しかし、初のオリンパスのデジ一眼との出会いで、このレンズなら何とかなりそうだと決心し、購入いたしました。
ED 40-150 mm Pro + Tele Converter MC-14です。セットで15万強、中古で購入しましたので13万強でしたが、いろいろとアマゾンのギフト券が貯まっておりましたので、11万強で購入できました。
P3180003.jpg
試し撮りしてみましたが、明るい上に重くなく、常に携帯しても良さそうです。40-150mmですので、換算するとフルサイズで80-300mmであり、1.4xのテレプラスで420mmになります。専用設計ですので画質も落ちていないように思われます。
3/18に初の新生蝶を見ましたが、今日はあのセセリチョウに対して、このカメラとレンズがどう対応できるかテストしました。
2日前より個体数が増えて、ミヤマセセリは待つことなく見ることが出来ました。
P3200004.jpg
縁毛が少し擦れてきましたが、比較的新鮮な♂がそこそこ飛んでいました。

セセリチョウの飛翔も1/2500のスピードで撮ってみました。この大きさで速いのでやはり飛翔は難しいです。
P3200018.jpg

P3200019.jpg

シャッタースピードをもっと上げないと翅はかなり歪むようです。
P3200020.jpg

キチョウぐらいの大きさで速度も速くないと、1/2500でも十分でした。
P3200117.jpg

P3200124.jpg

勿論、マクロとしても問題ない画質でした。
P3200357.jpg

魚眼の代わりにはなりませんが、広角撮影も十分出来ました。12mmでの絵です。
P3200412.jpg
見慣れた魚眼の歪みがないのが気になりますが、これは仕方ないです。

マクロはやはり問題なくしっかりした絵が撮れました。
P3200419.jpg

このカメラとレンズの組み合わせは広角からマクロ、飛翔写真まで1台でこなせるようです。もう少し条件を考える必要はあるようですが。
暖かい日が続く3連休です。中日の日曜が一番気温が高いと言うことで、越冬明けのルーが春の活動を始めると予想して、房総へ行ってきました。
結果から話しますと、ルーにとってはまだ越冬明け直前のモードで、訪花などあり得ない時期でした。フライイングです。
勿論見ることは出来ましたが、念願の吸蜜シーンはまたお預けです。
気温が高いのに全く姿を見せず焦りました。最初の個体は12時でした。
P3190003.jpg
ビークマークコレクションにしか使えない個体です。

一応、開翅しましたが、擦れ擦れでした。
P3190006.jpg
この周囲で2-3頭姿を見せましたが、全く活動的でなく動きません。

P3190014.jpg
まだましな個体でしたが擦れ状態で、不活発でした。

姿が見えなくなったので少し移動したところ、また発見。
P3190021.jpg
これまた擦れ擦れ状態で、この後この個体は枝を揺らしても動かなくなりました。

それを広角で撮影するいつものtheclaさんです。
P3190029.jpg

もう期待した訪花も見られないし、こうなったら遊んでやれと手乗りをしてみました。
P3190031.jpg
いとも簡単に手乗りのルーです。
しかも指先で開翅し始めました。
P3190032.jpg
お遊びはこれくらいにして解放しました。

コツバメ、ミヤマセセリなど春の蝶は全く姿なく、まだまだ春が走りの房総でした。
自宅や職場周辺ではなぜかモンシロチョウもモンキチョウも飛んでおらず、初見が出来ていない状態でした。
そろそろネタが尽きると思い、ダメ元で地元の谷戸へ行ってみました。
するとミヤマセセリが出迎えてくれました。これが今年の初見の蝶です。
P3180003-1.jpg

個体数は数頭のレベルでした。♂は綺麗でしたので、これからなのだと思ったのですが、既に♀がおりました。
P3180018.jpg
昨年は4月頭くらいに沢山見ていますので、今年は次の週が飛翔など撮りやすいかもしれません。

越冬蝶も全然見ていなかったので、このルリタテハが越冬蝶でも初見になりました。
P3180007.jpg
擦れの少ない綺麗な個体でした。

私にとってもいよいよシーズンインです。
長野県の「信州マルス蒸留所」で造られた「TWINALPS」、「信州」、「岩井」を駒ヶ根市から頂きました。
P3040006.jpg

当分は開けずに何かの機会に開封しようと思います。
2017.03.12 愛犬のゲージ
こんなものが届きました。早速組み立てました。
P3110002.jpg

2012年10月に愛犬チャーリーが短い生涯を終えましたが、その後、新たに飼う気もなかなか起こらず、ここまで来てしまいました。
しかし、ちょっとした縁で声を掛けて頂いたのですが、一番最後で良いと返事をしておいたのです。
しかし流れは変わることなく、自宅にプードルがやって来ることになりました。まだ、月末の話しなのですが、ゲージだけ買ってしまった慌て者です。
台風で大きな被害が出た十勝地方。
今年の生息地の環境がどうなっているのか、私自身も気になっていました。
本当は6月中にカラフトヒョウモンなど撮影したいと、週末だけの予定を計画中でした。これが昨年秋のことです。その時の現地の情報は「河川敷のポイントはすべて流れた。林道は荒れて入ることは出来ない。2-3年は来ない方が良いと思う。」でした。
この情報で計画は中止としたのですが、今年に入って数名の方に北海道の情報提供の依頼があり、そういう訳で期待できないと思いますと伝えたものの、時間が経っているので今の状況はどうなのか気になりました。

本日、現地からの情報が届きましたので、皆さんの参考になればと思います。
一昨年の台風で昨年の蝶は不作だった。昨年の台風の影響で今年はもっとダメだろう。河川敷はほぼ壊滅状態。林道は落石と倒木で進入不可。お金がないのか林道の整備まで出来ていない。すべての蝶が不作の可能性が大きい。この冬、ゼフ卵を探しているが、極めて少ない。」との連絡でした。
道東、特に十勝周辺以外の状況は例年通りなのかも知れませんが、よく調べられた上で、今シーズンの北海道遠征を考えてください。
久しぶりに魁力屋へ行ってみました。
今回はいつもの醤油でなくこってり味を選択。
P2260001_201703051449360e7.jpg
数口まではとっても美味しく感じたのですが、時間が経つにつれてスープがしつこく感じられるようになり、飲めなくなりました。
はやり普通の醤油味の方が良かったようです。反省。
2017.03.01
今思い出すと昨年の11月24日に思わぬ初雪でこんな状態でした。
PB240001_2017030121564180e.jpg
その後はまとまった雪が降ることはなく、ただ寒いだけ(例年よりやはり暖かいか?)でした。
1月から新生蝶が確認される場所があったりしたようですから、もう既に春なのでしょう。
いよいよ3月に入り、ギフチョウなど春の蝶が本格的に見られる季節ですね。
大変楽しみです。