よく考えてみると嫁と一緒になってから初めて二人だけの年末年始でした。
里帰りをしたり、子供達が一緒だったりしたのですが、子供達も独り立ちして忙しい年末年始のようでした。

年末はお決まりの年越しそばです。
年越しそば
エビ天とナメコをトッピングしました。
後で知ったことですが、そば屋の生麺でなくても蕎麦をゆでた後のそば湯は捨ててはいけないそうです。
そば湯
確かにしっかり蕎麦の香りと味がしていました。これを使ってそばつゆを作ると美味しく出来るそうです。今回は間に合いませんでしたので、次回試してみます。

最近はおせちを作ることなく買うことが多かったのですが、職場近くの総菜屋「たぬき屋」ですべてを揃えました。
ここ、良い味しています。写っていませんが、栗きんとんは甘すぎず特に好みでした。
おせち料理 1

お酒は定番の「〆張鶴」を準備しました。新潟では容易に入手可能でしたが、関東では特売などを利用するしか手段がありません。
酒

焼酎は亀入を準備。値段分ですね、甘みの強い酷のある焼酎でした。
亀入焼酎

かまぼこのために生わさびも準備しました。
本わさび

それと雑煮を作って貰いほぼ完成です。
おせち料理 3

こんな感じになります。
おせち料理 2

本当にのんびりとした静かな年末年始でした。